ANZAI, 日記

さて、一体どっちが優秀なのか

I機長曰く
淡々と飛んで淡々と帰る。これがいいんだよ。
これが優秀なパイロットの見本だね(オレのようにさ)。
一方
O機長曰く
飛んでるだけのやつなんてパッパラパイロットじゃん。
マネジメントに関わってなんぼでしょ(オレのようにさ)。
そうっすねぁ、ま、安西としては、どっちでもいっす。
やりたい人がやりたいことをやるのが一番いんでしょうが
日本のリーマンはそうはいかないですからねぇ。
個人的にはI機長の考えが好きですけどね。フライト好きだし。
パイロットになりたくてここまできたんだから、いいじゃんそれで。


2013-03-04 | Posted in ANZAI, 日記13 Comments » 

コメント13件

 flyingtony | 2013.03.04 2:24

優秀なパイロットって自分を優秀だとは言わないし、ましてや人を卑下することもしません。
パイロット以前に、社会人として常識のある人は「優秀な~」って言わないと思な~
自分が乗客としてそんなパイロットの操縦する飛行機に乗りたくないし、、、
「俺って優秀な外科医だぜっ」って言ってる医者や
「手術だけやってるやつなんてパッパラドクターじゃん、俺みたいに病院経営に携わってなんぼでしょ?」って言ってる医者に
手術を任せたくないしね。

 安西 | 2013.03.04 7:30

flyingtony様
弊社には自分最高な人が沢山いらっしゃるのですが、けっこう疲れます。。。こういうのってやっぱり日本人に典型的なんでしょうか?それとも御社にもいらっしゃいますか?

 flyingtony | 2013.03.04 14:05

自分最高なパイロットって日本のメジャーエアラインに多いですよね、海外では軍隊の戦闘機出身の人がその傾向が強いです。

 安西 | 2013.03.04 14:48

なるほど、そうなんですか。どこにでもいるんですね><まぁ彼らからすれば私なんて「どこにでもいるんだよね、こういう出来損ない」って感じなんでしょうけれども笑。

 alto | 2013.03.04 16:05

いろんなパイロットの方がいて大変ですね(´Д` )
でも、自分なりにガンバってください‼

 安西 | 2013.03.04 16:54

alto様
応援ありがとうございます^^

 ミー | 2013.03.04 18:17

安西様
こんばんはm(_ _)m
(水を飲む決心をする前に…。)
不思議ですね~?
ベテランのご自分最高なパイロットさんにも新人時代はあったはずでしょうに。
きっと、その方達の先輩パイロットさんが更にご自分最高な方達で、いつの間にか感化されてしまったのでしょうね。
『人のフリ見て……。』といった気持ちをどこかに置いてきてしまったのでしょうm(_ _)m
残念です。
安西様、メゲないで下さいね(*^^)
安西様には大きな目標がおありなのですから!!
そんな方達に構っている暇はございませんよ!!!
(ちょっと偉そう…。ごめんなさい(o_ _)o)
ま、また熱が…。
風邪……ひきました(T_T)
この3日間食事を口にするのが怖いのです(。・・)
もどしてしまうから。お水も……、、、。
でも脱水症状になってしまうので飲まなくては。
(今日の会議中がいちばん辛かった…)
と、いうことで決心して飲みます(笑)
そして眠りますm(_ _)m
お休みなさいませm(_ _)m

 安西 | 2013.03.04 22:52

ミー様
そんなに具合悪いのに会社いっちゃだめですよ><ぜひ、ゆっくり休んでお体ご自愛ください!!

 ミー | 2013.03.05 9:03

安西様
ありがとうございますm(_ _)m
熱もなんとか下がりました。
体中の関節がきしんでおりますが……(笑)
インフルエンザとは明らかに症状が違ったので
早朝から無理に会議に出たのがダメでした(反省)
安西様もご職業柄不規則な生活を強いられることが
多いかと思いますがこの時期まだまだ冷え込みます。
お風邪など召されませんようにご自愛下さいませm(_ _)m
(私が云うな!ですよね(o_ _)o)
追伸Ⅱ: ヨーロッパ便、お疲れ様でしたm(_ _)m
     夜のフライト、 心臓は大丈夫でしたか?

 安西 | 2013.03.05 13:56

ミー様
お元気になられたようでよかったです。私の方も今回は平気でした!ヨーロッパは3人で飛ぶので若干ましかなと思います。

 通りすがり | 2013.03.08 16:26

O機長さんの肩を持つわけではありませんが、普段のフライトには常にクオリティを求め、絶えず勉強をし、知識を高めていないと管理職には推薦されないようですよ。ですから、O機長さんも見方を変えれば立派なかただと思うのです。
エアラインパイロットである以上、フライトが好き、だけでは会社としては困るのです。
知識とクオリティ、エアマンとしての人格がよくなければ管理職には推薦されません。
また、パイロットの管理職の皆さんは、なりたくてなっているわけではなく、会社組織運営上、誰がやらなければいけないのを理解しているから、やっているのです。管理職になりたくてあれこれ画策するような方は極少数です。
逆にある一定の年数やフライトタイムがあり、他の同期がほとんど管理職に推薦されているのに、未だ管理職になれていないのは、何か理由があるのではないでしょうか。
管理職パイロットには立場上、より一層の知識も求められます、すごく勉強してますよ。コーパイさんの前で恥もかきたくないでしょうから。
あと、『管理職手当て貰ってるでしょう?』と言われるでしょうが、それ以上に課せられている仕事も多く、組合員の出来ないようなきつい仕事や、局への対応、当然休日出勤もします。組合員には当然のタクシー送迎などは、無いに等しいです。決して分に合うものではありません。
いつもの口癖は『管理職解いてもらえねぇかなぁ〜』とか、『早く60歳になってシニアでフライトすることだけを考えて仕事してぇ』と言ってます。
と、いう訳で、O機長さんの言葉通りに受け取らず、もう一歩踏み込んでアラフィフのおじさんをゆるめに見守ってあげてね。あの世代は航大出で、おしゃべりはオサレでなく、不器用なんです、でもパイロット魂はハンパじゃないんですから。

 通りすがり | 2013.03.08 17:17

前記に誤りがありました、組合員にはタクシー送迎が『ある』のにです。管理職は主に電車やバスに乗ります、国内線は支給のお弁当も遠慮するこてになってます。うらやましいそうです。

 安西 | 2013.03.09 10:59

通りすがり様
なんとなく書いた記事でしたが、考えさせられるコメントをいただきありがとうございます。ただ、私、管理職の方を毛嫌いしているわけではありません。今回の日記の趣旨は「どうして、生まれたときから機長でしたみたいな顔して自分が優秀だと人に言えてしまうのか」、「どうして、飛んでいるだけの人をパッパラパイロットなどという言葉で卑下できるのか(例えそれを額面通りに受け取らなかったとしても)」という、ちょっとした憤りを感じました、というものだったのです。「あなたたちが若い頃、同じように偉そうにしている連中をかっこいいとは思わなかったでしょ?」と言いたいだけであって、「管理職なんぞクソくらえ!」と言いたいわけではありません。が、よくよく記事を読み返してみると、そうとられても仕方ない内容だったかなと、少し反省中です。よって、通りすがり様が仰っている管理職の方の努力や分に合わない実態もある程度理解しているつもりです。殆どの管理職の方は立派な方ですし、私自身も、いつかは管理職に推薦されるような人格、伎倆を身につけたいと思っています。(やりたいかどうかは別ですが、、、)O機長も、非常に責任感の強いアニキ肌の機長です。だからこそ、あの発言がちょっと残念というかショックだったわけです。まぁ、ついぽろっと言っちゃっただけのことなのかもしれませんが。
ちなみに、組合についても、それはそれで大事なものであると考えています。なぜなら、パイロットの待遇はほぼ100%組合に守られているからです。事実上、会社は守ってくれません。もし私の立場が管理職になったとしても、それまでの私の待遇は組合によって守られていたものであると思うわけです。よって、組合活動に精を出されている方にも、個人的には感謝しなければならないと思っています(会社経営の観点から見れば、組合が癌にもなりうるわけですが)。結局、同じ会社の中で、色々な事が持ちつ持たれつなのだと思います。たとえ機長になっても、どんな役職に就いても、「みんなが持ちつ持たれつでやっている」ということを忘れずに、謙虚な姿勢でいたいなと思います。
それにしても、タクシー送迎やお弁当の件は、確かにちょっと疑問です。

Comment





Comment