ANZAI, 仕事

ずっと昼

西海岸の午前中に離陸すると日本に到着するのも日本時間の午前中。
その間、ずーーーーっと昼間。
ずーーーーーーーっと太陽が出てる。
体内時間は徹夜なのにずーーーーーっと太陽でてるから結構疲れる。
家に着くともうなんかどうでもよくなる。
で、ちょっと昼寝すると、どうでもいいってことはないかなと思い直す。
国際線飛べるのは幸せな事だけど、いいことばかりじゃないよねぇ。


2013-07-26 | Posted in ANZAI, 仕事5 Comments » 

コメント5件

 Jun | 2013.07.26 3:24

安西様、お疲れさまでした(^^
ワタシは、オセアニアに行く時に香港発で行きました。香港は夜11時頃、着いたのはお昼でした。帰りは、お昼出発、深夜前に香港着だったので、安西様がおっしゃるようにずっと太陽が出てる感じでした。
乗客としてはただ乗っているだけなので楽?ですが、フライトの大半、日が出ていることで、朝から夜まで学校行くように1日を過ごした気になるので、だいぶ楽です。逆に、日本からハワイとか西海岸に行くときには日本の時間帯にもよりますが夜をまたぐ感じになるので少し疲れてしまいます。

 安西 | 2013.07.26 18:37

jun様
フライトはお客さんとして飛んでいても結構疲れるものですよね!

 riri | 2013.07.27 9:07

安西様
おつかれ様です~
やはり人間は 太陽と共に活動し、沈んだら休養が必要ですよね。太陽が沈まぬ場合は…( ・_・;)
自律神経の乱れとか、心配です。
…と 患者さんに説明する医師こそ 夜勤含めとても不規則な生活なんですが(^_^;)
「いつも完璧な状態なんて 無い
目の前にある状態で 最善の状態を作っていくもの」
よく上司に言われますが、時差は手強いですね。
体力維持なさって、ストレス発散してくださいね!

 hitomi | 2013.07.27 21:39

お疲れ様です。
ひょんなことからブログ見つけて読ませてもらいました。
大変なお仕事ですね。
人間の概日リズムは25時間で構成されていますが、
ずっと太陽のもとだと狂いそうですね。
しっかり休んでご自身にも、お客さんにもよい
フライトして下さい。

 安西 | 2013.07.28 0:01

riri様
自立神経ですか、、、確かにそうかもしれません><
しかし、どんな仕事にもいいことや悪い事がありますからね!頑張ります!
hitomi様
コメントいただきありがとうございます!
十分休養をとりましたので、また次回のフライトから頑張りたいと思います^^

Comment





Comment