ANZAI, 仕事

ゴロゴロコパイ

やはりパイロットにとって健康維持は大切だ。
先日、離陸直前あたりでお腹がゴロゴロピーー!!!
(´・ω・`)
いやぁ、ゴロゴロ状態での離陸滑走、上昇のしんどいことしんどいこと。
我慢してるからATCもなんだか
「んはぁ、、、(*´Д`)」
みたいな変な喋り方に。。。
キャプテンが察してくれたのか、早めにオーパイ入れてくれて助かったぜ。
今度から気をつけよっと。
何に気をつけりゃいいのかわからんけどな。


2013-05-17 | Posted in ANZAI, 仕事4 Comments » 

コメント4件

 ミー | 2013.05.17 22:21

安西様
こんばんはm(_ _)m
いくら健康維持が大切といっても1年365日、風邪一つひかずに過ごすというのは……難しいですよねσ(^_^;
それでも安西様?
今年は何だか寒暖の差が例年に比べ激しい気がします。
十分にお気をつけ下さいませm(_ _)m

 通りすがり | 2013.05.17 23:45

ウチの主人もお腹が弱くて、ステイバッグの中と業務カバンにそれぞれ正露丸と速効性の〇痢ドメが入ってます、時々カバンの中を見てあげると薬が減っています。離陸、着陸前にお腹の具合が悪くなるのはストレスからなのか、単なる飲み過ぎ食べ過ぎかはわかりませんが。
ただ、主人の持論は大切な飛行機がけがれるから、絶対に大きい方はしないそうです。そこまでしなくてもいいと思うのですが。
9/11以降、私の会社では乗員さんがトイレの際は、客室乗務員が操縦室に呼ばれて乗員さんと交代しなければならなくなりました。
乗員さんにはトイレくらいのんびりしてもらいたいのですが、私達も仕事を中断してきているのを知っているのでサッサと出てきてくれます。何か可愛そうにぁと思います。
余談になりましたが、フライトの前はパーフェクトコンディションで臨んでください。

 riri | 2013.05.18 7:43

安西様
おはようございます
やはり離陸時は相当なストレスがかかるのでしょうか。
脳がストレスを感じるとセロトニンが増える→大腸等の機能異常を起こすパターンですね。
この場合、男性にはラモセトロン塩酸塩が有効だと思います。ストレスを予測できる場合、発症を防ぐために服用される方もいますよ。
便秘型の方もいますが、下痢型はキツいですよね。嫌な汗がダラダラ…
頻繁でしたら、受診なさってみてくださいね(*´▽`*)

 安西 | 2013.05.18 12:31

ミー様
お気遣いありがとうございます。もう5月だというのに、寒い日もありますよね~。でも、いい季節です。
通りすがり様
そうですね、沢山の命を預かって飛んでいますから、体調を整える事は重要です。気をつけたいと思います><
riri様
医学的見地からのアドバイス、ありがとうございます!離陸滑走中のパイロットの血圧は瞬間的にものすごく高くなるんだそうです。ゴロゴロになったのは今回が初めてですから、多分大丈夫かと、、、

Comment





Comment