ANZAI, パイロットになるには

パイロットになるには身体検査がキモ

ご存知のように、パイロットになるには身体検査をパスしなければなりません。
特に、自社養成や航空大学の身体検査は第1種航空身体検査より遥かに厳しい基準で検査さます。

個々最近、その身体検査に関するメールを実に沢山いただきます。
頂くメールの殆どがそれにかんすることです。
わかります。私も当時色んなことが心配で沢山の病院をハシゴした記憶があります。

しかし、残念ながら私は航空身体検査指定医ではないので正確なアドバイスを差し上げられません。正確な知識を持っていたとしても、このことに関してはアドバイスを差し上げるべきではないと思っております。

よって、どうしても心配な方はお近くの指定機関で受診されることをお勧めします。

航空身体検査指定機関のリスト

ちなみに、パイロットの免許がないと第一種は受けられないのですが、第1種基準では見てもらえます。
霞ヶ関ビル診療所にて「自社養成、航大受験レベルで」と頼めば、何かアドバイスをもらえるかもしれない、、、とのことです。


2014-05-10 | Posted in ANZAI, パイロットになるには4 Comments » 

コメント4件

 WP | 2014.05.13 6:39

指定医です。航空局身体検査を予約して来られるパイロット志望の方がいらっしゃいますが、航空身体検査は操縦士免許を持っている事が前提ですので受検できません。受験に際して基準を満たすかどうか?ということでしたら、相談可能な指定医にご相談ください。また、一種適合かどうかは判定出来ますが、航大や航学、各社の基準に達しているかどうかは分かりませんので「大丈夫ですか?」と聞かれても困ります。

 安西 | 2014.05.13 12:56

WP様
指定医さんだったんですね!情報ありがとうございます。また、何かありましたらよろしくお願いします。

 ユージ | 2014.05.13 16:47

霞ヶ関診療所についてのソースは私です。
この道に入るに当たり、海外の免許を揃えてから実は第一種に適合しませんでしたではお話にならないので霞ヶ関診療所で受診しました。
おっしゃる通り、免許を持ってませんので第一種身体検査は受診できませんが第一種基準では見てもらえました。
健康診断のような取り扱いでしょうか。
その際、自社養成の基準についてもアドバイスいただけました。
霞ヶ関診療所は自社養成の身体検査を行うところでもあったので。
現在は当時と変わっていることもあると思うので、いずれにせよご自身で事前に確認を行うといいでしょう。
以上、補足でござんした。

 安西 | 2014.05.13 19:49

ユージさん
補足ありがとうございます。勝手に情報リークしてすみません。。。

Comment





Comment