BLOG, 日記

自信を持ってジャパングリッシュ

とっても優しいベルギー人のおっさんと飛んだんだが、フランス語訛りの英語がはんぱねぇ。

アロー、アウ アハ ユー?

、、、え?

アウ アハ ユー?!

もしかして、How are you??

アウ オー アハ ユー?

、、、はい?

アウ オー アハ ユー?

あ、How old are youね?

Hは絶対発音しないしRはフガッてなるので日本語で表記不能だが兎に角すげぇ。なんか勇気が出て来た。俺も日本語訛なんて気にせず、彼のように明るく積極的にコミュニケーションをとっていこう。

去り際に、日本人にしては英語上手ですね、ガンバッテ!
とお言葉を頂いた。

あ、、、ありがとう!


2015-06-04 | Posted in BLOG, 日記6 Comments » 

コメント6件

 Seiya | 2015.06.04 12:29

ヨーロッパ訛りは独特ですよね。ベトナム人とインド人の英語もかなり訛っているので向こうに飛ぶことが有った日にはATCが聞き取れるか不安です笑
とにかく彼らは恥ずかしがらずに自信を持って話してますよね。我々日本人も見習わないといけません。

 安西 | 2015.06.05 2:58

Seiya様
インドは本当にすごいですよ。ちょうど書こうと思ってたんですが、訛もすごいですし速いです。

 H.M | 2015.06.05 11:09

いろんな訛りの英語が飛び交う日常って
いまさらですけど、パイロットの醍醐味でもありますね。^ ^

わたしは、日本語訛りの英語ですら話せないから、そんな日常に放り出されたら1日も生きていけないと思いますが
楽しそう〜♪

 ボリジ | 2015.06.06 17:23

日本語でも…..昔、関西のアナウンサーが東京で、
出張を知らないはずの同業者から「何時に着かれました?」と尋ねられ
「どうして分かりましたか?」と聞き返すと
「間合い」が違ったのだとか。
発音やアクセントが同じプロでも微妙に地域差が出るらしいです。
この話を知ってから堂々とJaplish, Japnish で平気です(笑)

 あーる | 2015.06.06 23:32

フランス訛りの英語、よく聞き取れましたね?カタカナ読み進めても、やっぱり私には無理ですね。
安西パイロットの英語は訛っていないのではないですか?お誉め頂いたとはさすが。

 安西 | 2015.06.10 12:28

H.M様
いやぁ僕も相変わらず苦労してます。なんとか生き延びてます、、、

ポリジ様
日本でもちがうわけですからね。世界で違いがあって当たり前ですね。

あーる様
思いっきり訛ってるのでよくsay againって言われます(; ̄ェ ̄)

Comment





Comment