ANZAI, 仕事

メリケンズとの戦い

何回行ってもアメリカのATCのClear to landはクラランに聞こえる。
クラランくらいならまぁいいんだが忙しい時間帯のシカゴとか英語速すぎてまじりーむー。

ATC “●●●773 %$$”&#0$)(“0″0=$?”

キャプテン (°_°)
俺 (ー ー;)

だ、、、だめだ。ここは一回無視だ。聞き逃してるフリ。
急がしい時間帯でSay Againを言えるのは一回まで。2回いったら英語できないとみなされ後回しにされる。考えろ、この状況でATCが言ってきそうな事とといえば、、、

ATC ”●●●773 %$$”&#0$)(“0″0=$?!” (若干キレてる、、)

キャプテン (°_°)
俺 “えーっと、、つまり、、こゆこと、、、ですよね、、、?”

ATC “Correct!”

ε=(‐ω‐;;)

ふぅ、、、だったらもっとシンプルに短く言ってよもぅ。

安西コパイのアメリカでの戦い。
多分永遠に続く。


2014-06-21 | Posted in ANZAI, 仕事13 Comments » 

コメント13件

 bus driver | 2014.06.21 11:47

インドとかいったらすごいぞ〜
早口+訛り

 安西 | 2014.06.22 1:03

bus driver様
世界は広いですね〜><

HARJU様
結構研ぎすましていったんですけど、、、毎回自身を無くします。

ミー様
精神的バトルというか私の英語力がしょぼいというだけの話で、、、(´;ω;`)ブワッ
え、飛行機怖いんでしたっけ!?w

Tatsu様
こんばんは!僕にとってはカナダも修行です。。。

まっしゅ様
僕にとってはアメリカの方が聞き取りやすいんです。ヒースーローだったら、、、完全に後回しだったでしょう(°_°)

 HARJU | 2014.06.21 12:23

JFKとかロンドンヒースローとか、、、忙しい時間帯に到着したら流れに乗るために耳を研ぎ澄まします。

 ミー | 2014.06.21 14:56

皆様のご苦労が。。。(o_ _)o
のんびり着陸を今か今かと待っている乗客と違い、コックピットでは精神的バトルを繰り広げていらっしゃるのですね^^;
お疲れ様でございますm(_ _)m

あつ!
因みにわたくしはひとり、怖さとバトっております(^_^;
飛行機好きが聞いて呆れる(o_ _)o

 Tatsu | 2014.06.21 17:44

僕もアメリカに行くの好きじゃ無いです、カナダでマッタリ飛んでた方が気楽で良い。。。

 まっしゅ | 2014.06.21 18:04

ただでさえアメリカ英語はイギリス英語に比べて聞き取りにくい(自分はあまり違いを感じたことがありませんがw)と言われているぐらいですから、それが早口ときたら。。。。。。^^;;

 ★空美★ | 2014.06.22 14:14

安西様、おつかれさまです(^-^)

『りーむー(笑)』←( ´艸`)

って!!(笑)(*⌒▽⌒*)

安西様の心境を考えると…でも、ちょっと笑えました(笑)(^-^*)

ごめんなさい(笑)( ´艸`)

なんだか、変な緊張感がありますね!

そんな大変な事を毎日されていると思うと、やっぱり尊敬します(^-^)

安西様からの『You have』は、妄想だけにしときます(笑)(//∇//)

ヾ(o´∀`o)ノ

 安西 | 2014.06.22 20:20

空美様
いやーほんとにネイティブに本気出されるとりーむーで、、、you haveしたいですよマヂで(°_°)

 ★空美★ | 2014.06.22 20:45

安西様Σ(・ω・ノ)ノ

安西様がりーむー(笑)の視線を送ってきても、絶対『I have♪』りーむー(笑)って、返しますよ(笑)

( ´艸`)Σ(・ω・ノ)ノ

クククッ(笑)

 へなへなたか | 2014.06.23 14:12

安西副操縦士さま
はじめまして。

英語
訛り

について興味がありましたので、素人ですがちょっと失礼します。

ふと思ったのは、無線の音声って相対して口の動き等が見えないから案外厄介なんじゃないでしょうか?

航空機における受信環境についてはわからないので、ご教示頂けると幸いに存じます。

車のレース界でも、

上に行くなら英語は必須

と言われていましたが、

他車と競いながら交信するのは日本語だって気を遣うので、外国人ピットクルーとの英語での無線交信は想像できません。

母国語以外で
○○しながらの~

は大変なんだろうなと思います。

義弟(某パイロット)に聞きましたが、やはり

聞き取れない
カタカナ英語でしか喋れない(Japanglish)
の悩みは尽きないようです。

長時間勤務明けで乱文長文申し訳ありません。
精根尽き果てそうになりながら帰宅したら、我が家の猫2匹がチラ見してくれました。(涙)

 安西 | 2014.06.24 8:56

へなへなたか様
はじめまして。仰る通り、無線は声だけですので電話と同様英語での会話は私にとって非常に難しいです。
無線はVHFであれば基本的に感度良好ですよ!
うちの猫もそんなもんです笑。

 JUN | 2014.06.24 4:09

安西様、おはようございます。

音声学とったことないですが、そういった話を友達としてて思い出しました。アメリカ英語の “R”のあとの”t+母音”は「R」になるんです。

イギリス英語ならどんなに早くても恐らく「クラトゥラン」くらいになるはずです。米英語って厄介だなーといつも思います。

 安西 | 2014.06.24 8:53

JUN様
だからアメリカ人の英語はずーーっと流れてる感じなんですね。おもしろいですね!

Comment





Comment