ANZAI, 日記

今日も無事でよかった件

仕事から帰ってくると、いや今日も何事もなくよかったねと思うワケです。

300トン以上の飛行機を時速330kmで離陸させ、地上から約10kmの高さを対地速度1000km/hでカッとび、280km/hで滑走路に滑り込む。

何気なくやってはいるけども、やはり空を飛ぶということは人間にとってそれなりにチャレンジングなこと。車より安全で事故なんて起こらないって、みんなそう思ってるのかもしれんけど。

宇宙飛行士に比べりゃどうってことないんだろうけど、駐機場でエンジン切った瞬間は、やはりこう、ホッと一息つかずにはいられないわけなんです。

 

 

安西副操縦士のログブック | パイロット ブログ

Share on LinkedIn
LINEで送る

2015-10-15 | Posted in ANZAI, 日記1 Comment » 

コメント1件

 ボリジ | 2015.10.15 2:58

ホント、ホッとされると思います。

鹿児島空港のニアミスは御鷹巣の10年ほど前の
「雫石」にもなりえたわけで。

事故調の方が「…犯人探しをするのではなく云々」と
ニュース取材で話されていたのですが ⁇? でした。
事故調は原因究明と客観的事実を調査公表する機関では?
警察ではないのに「犯人探し」という言葉が出て驚きました。

Comment





Comment