BLOG, 日記

今日も無事でよかった件

仕事から帰ってくると、いや今日も何事もなくよかったねと思うワケです。

300トン以上の飛行機を時速330kmで離陸させ、地上から約10kmの高さを対地速度1000km/hでカッとび、280km/hで滑走路に滑り込む。

何気なくやってはいるけども、やはり空を飛ぶということは人間にとってそれなりにチャレンジングなこと。車より安全で事故なんて起こらないって、みんなそう思ってるのかもしれんけど。

宇宙飛行士に比べりゃどうってことないんだろうけど、駐機場でエンジン切った瞬間は、やはりこう、ホッと一息つかずにはいられないわけなんです。

 

 

安西副操縦士のログブック | パイロット ブログ


2015-10-15 | Posted in BLOG, 日記7 Comments » 

コメント7件

 ボリジ | 2015.10.15 2:58

ホント、ホッとされると思います。

鹿児島空港のニアミスは御鷹巣の10年ほど前の
「雫石」にもなりえたわけで。

事故調の方が「…犯人探しをするのではなく云々」と
ニュース取材で話されていたのですが ⁇? でした。
事故調は原因究明と客観的事実を調査公表する機関では?
警察ではないのに「犯人探し」という言葉が出て驚きました。

 ボリジ | 2015.10.15 7:47

補足: 警察という言葉を使ったのは、
例えば
「 教室の備品がなくなった」
「犯人探しをするのではなく、キチンと収納して施錠しましょう」
というようなレベルではないという意味で、
認識が甘いのではないかと?

 通りすがり | 2015.10.16 16:49

いつも楽しく拝見しています。
飛行機乗るときは料金よりも機材で選択、翼の動きのみに集中していつも飛行機に乗っております。笑

月末、初めて鶴の飛行機にのります・・
んー、大丈夫とは思いますけれど、
自動車より安全だと言うことを信じて
乗ってきます。

ほんと、あんな鉄の塊を飛ばしているパイロットの皆様には頭が下がりますです。今後とも安全な空の旅を提供してくださいませ。

 安西 | 2015.10.18 16:35

ボリジ様
口が滑ったのか、認識が甘いから口が滑るのか、、、

通りすがり様
鶴丸フライト楽しんでください。着陸時のスポイラーの動きにご注目!

 H.M | 2015.10.20 13:10

某航空会社の国際線副操縦士の方も
上空から夜の滑走路のライトが見えると
とりあえずホッとすると言ってはりました。
やっぱり、日々のことといえど、1つ1つのフライトは緊張感あるもので、だからこそ、我々が安心して飛行機に乗れるんですよね。
お疲れさまです♪

 安西 | 2015.10.24 7:03

H.M様
日本のFIRに帰ってきたときもほっとします。ロシアのハバロブスクや中国あたりでも、帰ってきたなーと思うことがあります。

 ボリジ | 2015.10.27 9:40

雨雲の隙間があって良かった、
滑走路が見えてホッとしました、動画でも。

Rio de Janeiro to Sao Paulo ENTIRE FLIGHT IN ENGLISH (43 minutes)
https://www.youtube.com/watch?v=BBTbTCLEp4M&index=48&list=WL

この飛行機は220キロ(Bellini さん)だそうですが、
280キロだと新幹線の最高速度と一緒ですね(驚)

Comment





Comment