BLOG, 日記

侍パイロットの必需品

侍パイロットの必需品といえば手袋でしょうか。

日本人には、手が滑るので手袋して操縦する人が多いですね。手練のベテランキャプテンになるとしない人もいますが、若い人はほとんどしてるんじゃないかな。だって手に汗握る離着陸で文字通り手が滑ったなんてことになったら大変だし。なくなると不安なので予備を持ち歩いております。

でも、外人さんは9割9分手袋しないんですよねー。先日もおもむろに手袋はめてると、「お前おれのこと殺す気?」とか機長にからかわれたのでニヤリとしておきました。

彼らは手が滑らないのかな。西洋人は日本人より手が乾燥しているのでしょうか。エアバスはスティックだから要らなそうだけど。


2015-08-07 | Posted in BLOG, 日記12 Comments » 

コメント12件

 flyingtony | 2015.08.07 19:34

昔、アメリカ人パイロットでノーメックスの手袋をして747を操縦していた人を思い出した、、、
後にも先にもあのパイロットだけかな~?

私も基本的に手袋はしませんが、、、この前のアムステルダムは人生で初めて手に汗をかきました。

 ボリジ | 2015.08.07 21:17

えっ、「きれい好き」だからじゃなかったんですか?

日本では公共交通機関のドライバーさん達も皆さん白い手袋。
当たり前の光景で疑問すら湧きませんでしたが、
動画でも不思議がっているコメントを時々見かけますね。
大半は「ボタンやツマミに手垢が付くのを嫌がる」で納得。
握手が習慣の国の人には不思議かも?

 通りすがり | 2015.08.07 21:50

自分はエチケットでしてますが。
汗かいて操縦桿汚しちゃ後の人いやでしょ。
昔、教官も言ってた。

 ウムキ@翼の王様 | 2015.08.07 22:44

トニーさんのノメックスは古いですね。
レースカーのドライバー等がよく
着用してた不燃剤の生地で頭の
マスクや手袋、レーシングスーツは皆
ノメックスでした。

今回記事にされた、この手袋がよくわかりません。
知人のパイロット6人に伺っても様々
なのです。
基本的に青組=ほぼ100%白革

赤組=革が多いですが指先が
ないもの等色々

海外=黒い合成皮革等好き好き

外人=ほとんどしない

白い革手袋の場合、指先を切らないと
グラス画面が反応しない と発言する
パイロットもいれば自分は
大丈夫という人もいます。

安西さんは指先はどのように加工
されてますか?
自分は冬場はスマホ・EV他タッチ
画面対応手袋をしています。

 flyingtony | 2015.08.07 22:59

確かに若い世代にノーメックスって言っても伝わらないかも?

私がいたころは赤社はフルの手袋か指先カットしているものか選べました、在来747なのでもちろんフルの手袋を選びました。

727、在来747やDC10時代は計器やパネルが熱を持つので、確かに手袋はあったほうが安全だな~と思いました。

 あーる | 2015.08.07 23:15

こんばんは

白い手袋はパイロットの必需品だと思ってました。
子供が訓練生だった頃 指先なしのとありのとを海外に送ったりしてました。
都内のホーブンというお店にわざわざ出向いて。
手に汗握る着陸には絶対必要かと。
安西さんは習慣として予備まで、それが普通かと思っていました。
海外ではそうなんですか。なるほどです。

 安西 | 2015.08.08 14:03

flyingtony様
ノーメックス、、、知らないのでググりました笑。ものすごい滑らなそうですけど、やりにくそうです。。。

ポリジ様
それもあると思います。綺麗好きですからね〜日本人。

通りすがり様
もともとはflyingtonyさんがおっしゃるように計器が熱くて触れないからというのが事の始まりらしいです。日本人の美意識がそれをエチケットに昇華させたんでしょうか。

ウムキ様
私は980円のゴルフグローブです。薄くて操縦桿の感覚がわかるので好きです。加工はしてませんがパネル操作は問題ないです。

あーる様
そうなんです。なんで手袋してんの?ってちょっと笑われます。

 へなへなたか | 2015.08.08 15:29

ご無沙汰しておりました。
相変わらず長い出遅れコメントですが・・・
昔のドラマで、副操縦士が機体トラブルのため、整備士の女の子に自分のグローブを貸してしまい、着陸時にグローブがなくて、ジャンプシートにいた機長が自分のグローブを出し、「ちゃんと消毒して返せよ」というシーンがあったのを思い出しました。
在来型機の計器やパネルは熱くなったりするのですね。
私事、私が初めて公認レースに参戦した車両の油圧計や水温計といった計器類は機械式でした。計器に直接エンジンオイルや冷却水を流して測定表示する方式でした。レースカーは操作系がステアリング周辺に集中しているので競技中、計器に触れはせずとも、おそらく熱を持っていましたね。在来型航空機の計器構造はどうなのでしょう?
その後の車両は電気式計器となり、エンジンブロックのセンサーから、車内の計器で電気信号を拾って表示していました。
初めて使った公認レーシンググローブは、手のひらが革、手の甲がノメックスだったと記憶しています。手のひらだけ革製だったのは、ステアリング操作時に滑らないよう施しだったと思います。あとは全身ノメックスに包まれておりました。レーシングスーツとヘルメットだけ脱ぐとインナーだけになり、まるでモジモジ君(今の若い子、わかるかな?)のようでした。
また、学生時代タクシーに乗務していた頃、私のいた会社では2人の運転手が1台の車両を1日おきに運行させていましたが、運行後は洗車と共にハンドルやシフトレバーを拭いていた記憶が蘇りました。
交代で乗った時、操作系が手油汗まみれだったら、人によっては引いちゃうかも知れませんね。

 wat | 2015.08.09 21:05

お久しぶりです。
手に汗はかきますよ。半端ない気温ですからね(笑)
いえいえ、手袋したい気もしますが訓練中からはめたことないんで今からだと逆に違和感??とも思います。
エアバスでも私は年中手汗の人なんでventからサイドスティックに風当ててます。

 安西 | 2015.08.11 16:01

へなへなたか様
そうです、キムタクが手袋わすれてたあのシーンです。
もじもじくん懐かしいですねぇ。とんねるず、丸くなったなぁ。

wat様
どんだけ暑いんですか?!風あてるのはいいですね。ボーイングの操縦桿には風とどかなそうです。

 匿名 | 2015.08.22 23:13

僕は手袋しない派ですね。
しっかりとスティックを握っていれば手に汗かいて滑る?ことはないでしょう。
それに、手袋していても汗がにじんで結局はスティックに汗がついてますから。
ただし、気にする方もいると思うのでクルーチェンジの前はハンカチで拭くようにはしています。

 安西 | 2015.08.23 3:05

匿名様
ハンカチ王子ですね?

Comment





Comment