ANZAI, 日記

凡人でもパイロットになれるのか

凡人でもパイロットになれるのか
という検索ワードでこのブログに辿り着いた方がいらっしゃいました。
だいじょぶですよ。
ちゃんとなれます。
ただ、運に左右される割合が結構大きいですが。
僕の感覚だと、60%の努力と40%の運ってかんじかな。
でも、凡人の僕がコックピットに座ってますからだいじょぶ。
左のおっさんだって普通のおっさんです。
とりあえず、挑戦してみてください。
話はそっから。
ただ、大学は行っとかないと自社・航空大・自衛隊を受験出来ないです。
※航空大学は、航空大学が認める専門学校や短大でも受験可能


2014-01-10 | Posted in ANZAI, 日記6 Comments » 

コメント6件

 WP | 2014.01.10 12:30

確かに挑戦してみないと始まらないですもんね。
テレビの健康番組で片足立ち30秒出来ますか?ってのをやってて出演者が苦労してるのを見たときに、閉眼して片足立ち30秒が出来るのが普通のパイロットって、いろんなところに見えない努力の片鱗が見えるのかもしれないなぁと思いました。

 まっしゅ | 2014.01.11 0:10

( ノ゚Д゚)こんにちわ
60%の努力と40%の運ですか・・・
40%運の内訳が気になりますが、その前に努力はしなければいけませんね。
この間担任に言われました。
自分「パイロットになれればそれでいいです」
担任「いや~、う~んもっと他の職業探したら?パイロットってさすがに・・・文系だし。」
自分「文系のパイロットもたくさんいますよ。もしかして僕が空を飛べないと思ってるんスカ?」
担任「だってパイロットだぜ?なるのは絶対難しいってww」
一体何を考えてるんですかねあの新米教師(笑)

 安西 | 2014.01.11 13:18

WP様
どんな職業にも苦労はあると思いますが、パイロットは家で勉強や準備をすることが多いですね。本当に地味な仕事だと思います。
まっしゅ樣
新米先生おもしろいですね^^しかし、誰に話を聞くかというのはとても大切です。挑戦して成功した人の成功談や、挑戦して失敗した人の失敗談はためになりますが、挑戦した事の無い人が言う「難しい、リスクがある、やめたほうがいい」というようなアドバイスほど無益なものはありません。

 ウムキ | 2014.01.11 22:26

みなさん、夢があるなら是非挑戦してみてください。
自分も遥か40年位前ですが父(元操縦訓練生)の影響で
パイロットを志した時期がありました。
しかしながら受験勉強で近視になり
当時の視力判定で1.5を大きく下回り断念しました。
現在は規定がかわり、眼鏡もOKとなりました。
定年退職したら、本田航空に通学し、昔の夢を実現する
つもりでいます。

 ぷりん | 2014.01.12 0:35

私も40%の運の、内訳をしりたいです。
どんな、運?なのかなぁと。
運さえも味方にするには、、、
教えてほしいー。(笑)

 安西 | 2014.01.13 9:20

ウムキ樣
定年されてからの夢実現!素敵です。私にも密かな夢がありますので、将来はきっと。。。
ぷりん樣
では、次の日記に書いてみたいと思います!!

Comment





Comment