ANZAI, 日記

医師免許

エアラインパイロットでいるためには
は半年に一回試験を受けないといけません。
医師免許は一回取れば大丈夫。
でも、アメリカでは医者も定期的に試験を受けないとダメなんだとか。
「だから俺は日本の医者は信用してねぇ」
ってアメリカ人の元パイロットのおっさんが言ってた。
アメリカでは、所謂ヤブ医者みたいなのは少ないのかな。
ものすごい田舎の病院で知識も機材もアップデートされてないような病院は
確かに少し不安かも。


2014-01-18 | Posted in ANZAI, 日記9 Comments » 

コメント9件

 ★空美★ | 2014.01.18 13:52

安西様、お疲れさまです(^^*)
忙しそうですね……(^_-)
ご無理のないように…ブログ更新待ってます(笑)
『医師免許』!私も、そう思います(o_ _)o
『看護師免許』もそうした方がよいと思います(o_ _)o
でなければ、『質の向上』は保たれませんもの(>_< ) 人の命を預かるお仕事は、全てにおいて、更新制にした方が良いのではと、つくづく思います<(_ _)>
常に勉強して新しい知識や技術を自ら勉強する人と、しない人では、はっきり言って全く違いますものね!
それは、常々感じるところです(*ゝω・*)ノ
プロであるならば、当たり前だと思います(o_ _)o
『認定看護師』や『専門看護師』には、しっかりと規定があり、5年起きの更新が必要な資格もあるのですけどね…(*ゝω・*)ノ
まだまだ日本の医療は遅れております< (_ _)>
パイロットさんのような厳しさは、大切ですよね!
現状に満足せず、邁進しま~す(笑)(*^^*)

 安西 | 2014.01.18 17:30

空美樣
医療の現場は正に直接命を預かっていますからね。そういう制度はあったほうがいいような気がします。
おかげさまで忙しくしております。すこしでも更新できるように頑張ります^^

 602A | 2014.01.19 1:10

はじめまして
アメリカ人元パイロットの方に小バカにされているうちの一人です(^_^;)
よく「命を預かっている」という点でパイロットさんと医師が比較されているのを目にしますが
私は少し違和感があります。我々はケガや病気から治ろうとする患者さんの手助けをしているにすぎません。
どちらかというと整備士さんに近いのかな?そうするとパイロットさんは患者さんの精神・心持ちでしょうか。
それから、定期的に審査がないからといって新しい知識や技術を自ら勉強することをしない人は、少なくとも私の周りにはいません(+_+)むしろそういったものがなくても医療水準を世界トップレベルに保ってきた先人に敬意を表したいです。
すみません、全国で身を粉にしてがんばっている医師のために。

 安西 | 2014.01.19 17:56

602A
たしかにそうですね。医療の知識があるわけでない私が気軽に書く事ではなかったかもしれません。反省しております。。。
アメリカ人のおっさんにもキツく言っておきます!

 602A | 2014.01.19 23:37

従事者でありながら「免許とりっぱ→医療が遅れている」という短絡的コメント欄が見過ごせなくて….思わず書き込んでしまいました…こちらこそ反省しております。
夜中のかきこみはやっぱりダメですね。
今回も含め記事はいつも楽しく拝見しております。どうぞこれからも「日々をツラツラと」つづるブログであり続けてください~ (*^_^*)ノシ

 WP | 2014.01.20 11:42

誤解があるようなのでコメントします。医療職の空美さんのコメントで医師には更新の必要な資格が無いように誤解してしまう方もいると思いますので。
医師免許は一度取ったら一生有効ですが、それは操縦士の免許と同じことです。操縦士も一度免許とったら一生有効ですよね。でも身体検査と技能、知識面でも定期的なチェックがあってクリアしないと乗務できない。医師も同じだということです。
医師のほとんどは、自分の専門分野(眼科とか外科とかです)を持ち、専門医資格を持っています。この専門医資格は維持のために一定数の講習や研修、審査を受ける必要があります。この専門医資格の維持は医師があまり大変そうにしていないので、一般の方はもちろん看護師さんも知らなかったり、大したことではないと思っていますが、かなり大変なものです。慣れますけど。
一番脳ミソが要らないかもしれない整形外科の専門医ですら、実績が要件を満たした者のみが受験し、2日間掛けて学科試験と口頭試問があります。そして5年毎に更新審査があり、14に分けた専門分野の全分野での一定数の講習の受講や、学会への参加、発表などが要求されます。この専門医資格更新のためだけで平均週1回は仕事後の夜は潰れます。
普通の医師は複数分野の専門資格を持っています。整形外科医なら整形外科専門医、リハビリテーション医、脊椎外科専門医、リウマチ医、スポーツ医、辺りの資格と、日体協スポーツドクターや産業医の資格を持ってます。その全てが一定期間毎に更新審査があります。また、前年度の手術実績が認定の基準になっているものなどもあるので、常に勉強しつつ仕事もしないといけません。
医師は、仕事の苦労を言わないのが美徳みたいな文化があるので一般には知られていませんが結構大変です。21世紀になって10年以上経つ今でも、医師の当直は朝出勤したら次の日の夜まで連続勤務です。これも専門医資格の維持と同じで、当然の事として扱われています。
最後に、私はアメリカとドイツで働いた経験がありますが、少なくとも医療技術は日本が一番優れていました。システム的なものなどは学ぶことも多かったですが・・・

 安西 | 2014.01.20 12:12

WP様
大変勉強になりました!
ありがとうございます^^安心して日本の病院でお世話になりたいと思います^^

 ★空美★ | 2014.01.24 23:51

安西様、お疲れ様です!
私の不適切なコメントのせいで、安西様にご迷惑をおかけしました。
反省しております(o_ _)o
ごめんなさい< (_ _)>
並びに、WP様、602A様に不快な思いをさせてしまいました事を、お詫び致します< (_ _)>
もちろん、『専門医資格』はしっております。
先生達の苦労や努力も理解しております。
誤解されては困りますので……
私は、日本の医師に向けて、遅れている!とは思っておりません。
私は、自分自身の仕事⇨看護に対しての感想を述べたのです。< (_ _)>
看護師の免許を取ってそのまま、ノホホンと過ごしている人が多い!!
と言う事を、言いたかっただけです(^^;)
その部分が『遅れている』と言いたかったのですが……
私の文章では、伝わっていませんでした。
とても反省しています。
ごめんなさい(o_ _)o
医師に対しての批判は、してるつもりは全くありませんので、誤解しないで下さい(o_ _)o
私は、いつも医師を尊敬しております(^_^)ゞ

 602A | 2014.01.26 22:21

空美さま
おっしゃりたかった事、理解しました。
私も、個人の感情をぶちまけただけの迷惑なコメントしてないで
WPさまのようにきちんと解説するべきでした。恥ずかしい///
これにて 失礼します。

Comment





Comment