ブログ 仕事・操縦室

2012年10月5日 >

先日風呂の中でものすごい勢いの屁が出ましたので、急いで蓋をして1分後嗅いでみた。すると信じられないことにまるで有名温泉街のような硫黄の匂いが。いつかの家族旅行を彷彿とさせる。東京のマンションでこんな想いに浸れるとは。
さて、当然のことながら屁は生理現象でありますから、出るときゃ出る。たとえそれが狭いコックピットだったとしても。これまでもさんざんキャプテン(おっさん)の屁をかがされてきた。皆そうであると思うが、だいたいパターンは二通り。
「いやー安西君すますまん!」
『え、なにがです、、、うぉクサっ』
という宣言パターン。
うぉクサ、、、このおっさん屁こきやがった
と思いながら左をチラ見するとそしらぬ顔してやがるそしらぬパターン。
どっちでもいいんだろうが宣言パターンの方が信頼はできる。
が、いかんせん私はそしらぬパターンなわけですが。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 専門職日記へ
にほんブログ村



-ブログ, 仕事・操縦室

Copyright© 安西副操縦士のログブック , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.