ANZAI, 日記

教官

あぁ、自衛隊の教官てな厳しいんだなあ、、、
海上自衛隊新人パイロット
なんて思わないように。鬼教官ってのはどこにでもいます。
自社だろうが航空大だろうが、必ずいます。
そして、その教官に当たってしまったら、、、(´ー`)
どなた様も、飛行機の訓練機関に入る時には
いろんな意味で覚悟していきましょう。。
でも、仕方ないんです。
命掛かってますから。
あなたの命が懸かってる。
他人の命が懸かってる。
真剣勝負なんす。
「おまえが傾けてんだボケぇ!」
(´・ω・`)


2013-05-23 | Posted in ANZAI, 日記9 Comments » 

コメント9件

 ミー | 2013.05.23 3:47

安西様
き、厳しいですね……( >_<) 安西様もこのような厳しい訓練をされたのでしょうか?(。・・。) そもそも自衛隊は民間より遥かに厳しいと思っていたのですが…。 同等なのですか? 皆さん、本当に頑張っていらっしゃるのですね(。・・) (弱音をはいている場合じゃないぞ!私!!)           ……………頑張りますm(_ _)m

 安西 | 2013.05.23 6:09

ミー様
もちろん、自衛隊のほうが圧倒的に厳しいですよ!が、民間にも稀にモノスゴイのがいるので注意が必要です。。。自衛隊出身の教官だっていますから><

 ミー | 2013.05.23 12:04

安西様
そこに愛はあるのですよね?勿論!

 flyingtony | 2013.05.23 15:09

素晴らしい教官ですね。
どうやったら訓練生に分かってもらえるか、技量を伸ばしてやることができるのか、、、、人を育てるってのは難しいです。

 安西 | 2013.05.23 16:38

ミー様
ありますとも!ない人は、、、多分いないはず!
flyingtony様
厳しくてもついていける教官!
って感じです。学生には見せない笑顔が素敵^_^

 ウムキ | 2013.05.24 22:49

自分の父は元ゼロファイターでした。
叔父は沖縄空中戦で亡くなりました。
父は出撃前に終戦を迎えましたが、飛んでいたなら
自分は生まれていなかったでしょうね。
熱いハートの若い自衛官がこの国を守ってくれています。

 安西 | 2013.05.25 4:10

ウムキ様
そうですね。今の日本のために命を落とした方にも、今の日本を守ってくれている方にも感謝しなければなりません。

 匡隆 | 2013.05.25 10:16

はじめまして!
楽しく拝読しております。
私、航空整備士として働いておりますが、どこの世界にも鬼教官っているもんですね。
ぶち当たってしまったら色んな覚悟をくくらないと乗り越えられないです。
それでも尊敬できる人なら『ついていきます!!』って気持ちになれるんですが、なれないときは…。

 安西 | 2013.05.25 20:56

匡隆樣
初めまして、コメントありがとうございます。
整備の方も厳しそうな方いますよね。。。ついていけない時は、ドロップキックで^^

Comment





Comment