ANZAI, 日記

燃料も凍る

寒い日々が続きます。
こんな日は燃料だって凍ります。
燃料が凍る?!冗談はやめなさい!!
いえいえ、ほんとに凍ります。
成田からヨーロッパに行く際、ロシアの上空を通過しますが、この時期のロシアの上空では−65度くらいのところがあります。
で、モノにもよりますが、だいたい−45度くらいになると燃料は凍り、ヘタすりゃ大惨事。
凍ると言っても、カッチンコになるわけではないです。
さむーいさむーい所をぶっつづけで飛んでいると、−45度に迫るくらいまで燃料の温度が低下することはたまに(しばしば?)あるんです。僕は−35度あたりまでしか経験したことはありません。
そして、いよいよやばい!って状況になったらどうするかというと、主に3つの方法がありあます。
一つは「加速する」こと。だいたい6kt加速すると0.5度くらいTATが上がります。TATってのが上がると、Fuel Tempもいっしょに上がるんです。TATってなに?!ってのはまた次の機会に。
ちなみに、燃料は飛行機の翼の中にたっぷり入っています。あの薄っぺらい翼、じつは結構な量の燃料を積み込むスペースがあるんす。また、胴体の真ん中あたりのお腹の部分にも燃料タンクがあります。
もう一つは、「高度を下げる」です。一般的に、1000ft高度をさげると外気温は2度上昇します。ただ、高度を上げたほうが外気温が上がる場合もあります。その辺はアクションを起こす前によく検討しなければいけません。
三つ目は、省略!
冬はいろいろあります。
パイロットして飛んでいるときも、地上で生活しているときも、冬って色々ありますよねー。やっぱ、あったかいとこがいいなー。
にほんブログ村 その他日記ブログ 専門職日記へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


2013-02-17 | Posted in ANZAI, 日記3 Comments » 

コメント3件

 YOUT | 2013.02.17 19:16

3番目が気になります( ´ ▽ ` )ノ
燃料タンクにヒーター付けたら良さそうだと思ったのは自分だけでしょうか…

 jun | 2013.02.17 23:23

安西様こんばんは。
ちょっと前に成田からドイツに行ってきましたときは、外気温が-51度くらいだったと思います。機内ですることない私は、画面で現在地と飛行ルートと飛行スピードを眺めてるくらいしかやることがないのです。客室の窓のアクリル?の内側の方に1mmくらいの穴が空いてると思うのですが(あれは何のためでしょう?)、そこが飛行時間とともに凍りついてきていたのを思い出しました。やはり外は寒いんだろうなーと思って外をずっと眺めておりました。
燃料には不凍液が混ぜてあると聞いたことがあるのですが、それでもやはり凍ってしまうんですね…。

 安西 | 2013.02.18 19:40

YOUT様
3番目も2と似ていて、あったかいとこをめざせ!みたいなかんじです。ヒーターですか、、、たしかに^^
jun様
-50度くらいなら燃料は大丈夫です^^
カチっと凍るのではなく、wax crystalという結晶ができるんだそうです。。。

Comment





Comment