ANZAI, 日記

硫黄島にDELTAが緊急着陸

硫黄島に着陸とは、、、

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141110-00000099-jij-soci

クルーの皆さんおつかれさまでした。

着陸してそのあとどうなったんだろう。

知りたい。


2014-11-11 | Posted in ANZAI, 日記4 Comments » 

コメント4件

 Pioneer | 2014.11.11 13:03

代替機で乗客を輸送したそうです。
あと、硫黄島に整備さんを送って点検しているそうです。
異例だと言われていますが、冷静で合理的判断だと自分は思います。
硫黄島を過ぎたらグアムまでほぼ空港は皆無であり、エンジン異常でグアムへ向かうのは危険だと思います。
硫黄島は2650mの立派な滑走路を有しており、b757のダイバードには十分だと言えます。伊豆諸島にはジェット機の着陸できる空港は大島・八丈など限られており、羽田に向かうとなれば長時間を要してしまいます。
EMgのときには官民一体で協力できる体制が大切だと思います。

 Pioneer | 2014.11.11 13:08

とは言ってみたものの、そう簡単な問題ではないですよね。なんかすみません。安西さんならどうしますか?

 ウムキ | 2014.11.11 21:34

補助動力が作動したのでそのまま
出国扱いで機内で6時間待機し
代替機で乗員乗客は目的地へ
向かったそうです。
ただし、当該機は現地に留め置かれ
点検修理中だそうです。

 安西 | 2014.11.13 19:26

Pioneer様
その通りだと思いますよ。そもそも双発機の場合、1つエンジンがアウトになったら「Plan to land at the nearst airport」とマニュアルに書いてありますので!

ウムキ様
ありがとうございます。そうですか、お客さんもクルーも大変だったでしょうね!とにかく無事で何よりです。

Comment





Comment