ANZAI, 日記

航空業界の将来やいかに?!

ま、前回の続きみたいなもんなんですが、10年後くらいの航空業界どうなってるかな〜
という希望的観測をたっぷり含めた予想を書いていこうと。
まず、航空会社は減ると思います。だって多すぎ。
とりあえず、大手は1社になるんじゃないかと。これはかなり大胆予想ですが、
「そんなことありえんだろ!」ってくらいの予想をしといて丁度いいと思っております。
JALかANA、いずれかが完全に潰れるってことは無いと思いますが、統合&効率化ってのはあるかもしれません。JASやANKだって統合されたわけだし、アメリカで起こってることは日本でもありえるんじゃないかと。乗員組合あたりの争いが醜いことになりそうだが笑。
ではその他の会社は?
多分、現存の会社が全て生き残るってことはないんじゃないかなーと思います。
いくつかの倒産や統合経て、結局は需要に見合った数の航空会社が残っているのでは。
新幹線やリニアだって出てくるし。どこが残るかは、、、わからん。
で、こっからが前回の続きであり大事なとこなんですが、パイロットの採用について。
大手は、自社養成を完全にストップ、若しくは縮小するんじゃないでしょうか。
だって金かかるから。自社や航大で毎年ちょびっと採用して
LCC等他社からのJET経験者を積極的に採用していく、ってスタイルになると思います。
ってか、ならないかな〜笑。
アメリカ等海外のスタイルになっていくんじゃないかと思うんだけどなー。
で、LCCは航大卒や自費取得者をどんどん採っていくってなかんじで。
そのためには、航大は少なくとも今の規模を維持すべきだな。
そうすれば、皆に大手を目指すチャンスがあるわけでしょ。
優秀だけど、運が悪くて大手に行けなかったやつなんていくらでもいるわけよ。
そういう若い人に希望をあたえるような構造って大事じゃん。
そういう人が結局エミレーツだのキャセイだの外資大手に持ってかれちゃったら
日本の航空業界の損失だと思うわけ。
一度海外に出て経験を積んだ人が戻ってきたくなるような環境って必要だと思うんだ。
そういう流れができあがればさ、局だって動くかもしれない。
例えば、FAAのATPLしか持っていない人でも、一定のPIC Timeがあれば
簡単かつ格安の審査でライセンスの書き換えを可能にするような制度を作ってくれるかも
しれないじゃないか。
ま、あれですよ。大手のパイロットって
「オレら世界でも最高レベルっす。LCCから来たやつなんてしょぼいっす」
みたいなこと言ってるオメデタイやつもいるから
最初は転職組に対する差別的なもんがあったりもするかもしれん。
が、そういうのも時間とともになくなっていって
いつかはいい環境になるんじゃないかなぁ、と。
でもって、日本から出るのも簡単だけど、経験積めば帰ってくるのも簡単!
というオープンな環境とシステムが出来上がれば
結局はそういうところに人は集まると思うんだ。
国や、国の政策に影響力を持つくらいの大手はさ
もっと若い人に希望を与えるような環境づくりに力をいれるべきよ。
日本のパイロットは、今後確実に人事流動の国際化に組み込まれていくと思うわけ。
そうなっても、海外に出た人間が「やっぱ日本だな」って帰って来てくれる
もしくは10代の若者が「オレも頑張ろう」
って思ってくれるようなシステムや環境ができればいいのに。
空のインフラの安定的な維持の為にもね。
てかそうなるよ。そうしなきゃ先行かないと思うから。
本邦LCCで経験積んだ若者が、みーんな海外大手いっちゃったらどうするよ?
困るのは誰だよ?あ?
対応せざるを得ないんだよ。生き残るには、形を変えなきゃ。
なんかイライラしてきた。何故だ笑。
いやー。10年後、このブログを読み返すの楽しみだなー。
ハズれてたら削除だな。
削除削除っとるんるん


2013-03-20 | Posted in ANZAI, 日記10 Comments » 

コメント10件

 IKD | 2013.03.20 23:46

コメント失礼いたします。
「オレら世界でも最高レベルっす。LCCから来たやつなんてしょぼいっす」
→映画「チープ・フライト」のワンシーンみないなものでしょうか?
私からすれば、やはり自社や航大でパイロットになられて、大手で飛ばれている方は素晴らしいと思います!ものすごい倍率を勝ち抜かれているわけですから(汗)

 ラクダ | 2013.03.20 23:48

そうなって欲しいと願います。
ただ、一つ心配なことは、一度税金も家賃も学費も光熱費も医療費も払わなくても良い生活を知ってしまうと、自分で払うのなんてバカらしくなってしまうことでしょうか。

 安西 | 2013.03.21 0:26

IKD様
コメントありがとうございます。確かに、日本では自社や航空大はそれなりの評価を得ているという面があると思います。しかし、だからこそ彼らから下衆な台詞はききたくないのです。なんだかもう、台無しになってしまいます。その映画、まだみていないです!機会があれば見てみます^^
ラクダ樣
そうなんですよねぇ、、、その破壊力は抜群ですよね。いくら日本の状況がよくなっても、だれも帰って来てくれないかもしれません、、、><

 ミー | 2013.03.21 22:22

安西様
こんばんはm(_ _)m
ミラノから帰って久々に安西様のブログを見てみたら、
安西様節炸裂ですね(笑)
きっと安西様のような方が若者を育てていくのでしょうね(*^_^*)
いえ、育てていかれるべきです!!
(だって安西様って、とても面倒見が良さそう(=^..^=))

 kuma | 2013.03.22 14:07

こんにちは,安西様
今年の桜は気が早くて,もう,満開になりつつありますね。
ゆっくりと,桜を愛でるお時間は有りましたでしょうか。
統合や生き残りの部分に関しては,
私も安西様と同じようなことを思います。
何より,少しでも門扉が開かれて,
若いパイロット達がよりよい環境で仕事が出来るようになるといいですね。

 安西 | 2013.03.22 16:30

ミー様
あら、ミラノなんて素敵ですね!私の面倒見は凄いですよ~^^
kuma様
今日開花に気付きました!花粉はうっとおしいですがやはりいい季節です!

 jun | 2013.03.22 21:20

私は今LCCも、大手も採用が減るのでは?と思うのがとても心配です。L/F見ると大手でも60%切る路線(domestic)たくさん。今見る限り、LFが少ないLCCは潰れるかもしれませんが、桃色なんてまだ安泰なほうかと。大手の客がLCCにとられてるのかもと思う部分もたくさん。少し前は「LCC増えたー!うっひょー!これから機材増えるし採用バンバンくるかー!?」なーんて調子こいてましたが、航空業界の情勢としてそれらが淘汰される可能性だってあるわけですよね。10年後減るかどうかはわかりませんが、この直近2-3年はまだま活発でいてほしい限りです。なんて素人アナリストみたいなコメント残しますが、実際自分の身体がどんな風になってるか、物理やら数学IIBが出来るかとやら、不安なことは山ほどですが。当然コストを切り詰めている彼らは自分の会社で雇うなんてことは絶対しないでしょうし、青がまだ持っててくれるか、赤が再開するか?
不安だらけです。一寸先は闇ですねホント。
統廃合される可能性は幾分もありますよね。

 安西 | 2013.03.24 21:37

jun様
こんばんは。こういう時代だからこそ、やることは一つ。自分の市場価値を高めることです。
バブル期の若者より、現在の我々の方がより洗練された努力が必要なんでしょうね。
それは、なんとかパイロットになった私にも今後必要なことですし、他業界の方も同じでしょう。厳しい時代ですが、がんばっていきましょう!

 リー | 2013.03.27 15:49

10年程前、羽田で搭乗待ちしていましたら、CAPとCOPが胸を張ってジャンボに乗り込むのを見てカッコいいなあと思いました。ものすごい倍率を勝ち抜かれてきた自社か航大出だったでしょうかね。しかし昨今は海外のLCCや国内のLCCが急激に増えたせいかAやJのPの皆さんが小さく見える気がします。誰がみても今後はLCCが飛躍的に伸びることが予想されます。メジャーはいったいどうなるんでしょうね?

 安西 | 2013.04.19 8:01

リー様
お返事が遅くなってしまいました。
今後、メジャーはますます苦しくなるでしょう。如何に差別化を図っていけるかがカギですね。ANAが5star airlineに選ばれましたが、まさにそういう道を進んでいくしかないのかな、と思います。

Comment





Comment