ANZAI, 日記

防空識別圏

中国が防空識別圏をどーのこーの。。
明日中国行くのになぁ。
えぇぇぇぇぇ
行きたくないよぅo<´・ω・`>oビローン


2013-11-27 | Posted in ANZAI, 日記14 Comments » 

コメント14件

 ★空美★ | 2013.11.27 20:01

安西様(^-^*)
質問のお応え、どうもありがとうございました(*^-^*)
flyingtony様のお応えと共に、なるほど~~~!と勉強ににりましたm(_ _)m
やっぱり、尊敬してる方々の意見を聴くことは、とても考え方が深まります(^^*)
ありがとうございます(*^^)v
それにしても、ニュースでも観ましたが、どうなるのでしょうか…(゚Д゚)
ちょっとビックリしました…(>.<) 安西様のフライトを、私が笛を吹きながら先導しましょうか?(笑)(^^*) 旗を持ってラインを引いて安全に飛べるように…(笑)( ´艸`)

 ウムキ | 2013.11.27 20:12

今日は一日中、会社でこの話題でしたね。
部下のYは元自衛官一佐ですが、空中回廊の設定を担当
していたようで、味方機と敵機を識別する暗号は なんと
50ケタの暗号数字で組み合わせるそうで、それが一定時間内に
刻々と変化するそうです。
有事に無線がダウン、識別装置もダウンした場合、飛行機が
回廊をきちんと降りてこなければ敵機とみなし攻撃する
わけです。
Yの専門はスナイパー(ライフルで人を撃つ)だそうですが
当然詳細は教えてもらえません。

 ウムキ | 2013.11.27 20:54

「決断」について話題がありましたので
老婆心ですが一言。
昔尊敬する上司から言われました。
「人は一つに真剣に取り組むとき、
一つを犠牲にしなければならない」
当時はその意味がよくわかりませんでしたが
最近はなんとなく理解できる気がしてきました。
「決断」というのはそういう事なのかもしれません。

 ★空美★ | 2013.11.27 23:47

安西様(^-^*)
何度も失礼しますm(_ _)m
ウムキ様!(#^_^#)
初めましてでは、ありませんが、初めまして…です!m(_ _)m
心に響く、深いお言葉、ありがとうございます☆彡
なるほど…。
理解している様で、私は、まだまだ理解出来ていないのだと、実感いたしましたm(_ _)m
これからも、人生勉強させて下さいm(_ _)m
とても貴重な成長となりました(^-^*)
ちょっと感動して、ウルウル…です(笑)

 Jun | 2013.11.28 15:22

安西様、こんにちは。
気をつけていってらっしゃいませ!

 oni-taicho | 2013.11.28 18:42

自分が安西さんの立場だったとしても,あまりよい気持ちはしませんね。

 まっしゅ | 2013.11.28 19:13

気をつけていってらっしゃいませ。
特に「いろいろと物騒な空域」を飛ぶ場合はほんっっっっっとうに気をつけてくださいね。。。

 WP | 2013.11.29 9:30

お疲れ様です。気疲れしそうなフライトですね。頑張ってください。
安全のために可能ならガードチャンネルを常時モニターして欲しいと、米軍さんに言われたんですが、ラインの機体は常時モニターしてます?Com1を管制に使って、Com2をカンパニーにすると2チャンネルだと空きがないですよね。どのように設定されているのでしょうか?
ちなみにガードを聞いて南を飛ぶと1日に一回は自衛隊が中国?を追い払う声が聴けるそうです。

 安西 | 2013.11.29 12:01

空美樣
特になんてことないフライトでした。中国の管制もいつもより丁寧だった気が、、、
ウムキ様
それは知りませんでした。定められてコースを飛ぶ事って大事ですね!
Jun様
無事に帰ってきました!
oni-taicho様
無事に帰って来れました^^
まっしゅ樣
要撃されないように気をつけます^^
WP様
常時モニターしております。たまに中国語のような変な声が聞こえる事がありますが、、、
チャンネルは3つあります!

 66B | 2013.11.29 14:49

無事にお戻りになり、何よりでした。
通常よりも神経の張りつめる乗務だったのではないでしょうか。
横になりますが、ウムキ様の元自衛官のお話、大変興味深く拝読しました。
このブログは安西様のお話が素晴らしいことはもとより、コメントされる方々の内容の濃さと面白さに、読み応えがあります。
さて、今回この件の相手であるお隣の国に、去年まで住んでおりました。
話題になった抗日デモで連日報道映像に映っていたすぐ近所に居住しており、戒厳令のようだった緊張感も数週間程でしたが経験しました。平和のぬるま湯に浸かってきた私にとってはとても貴重な経験でした。
それを踏まえた上での私個人の中国観です。
日本での報道を鵜呑みにすると恐ろしく感じますが、報道に取り上げられない日常生活での中国人と日本人の心温まる話しも数多くあります。
去年の反日気運が高い折りも、主要都市の国際空港で子供連れで入国審査の列に並んでいれば、日本人家族であろうが「こっちのカウンターへ。」と優先的に案内してくれてました。入管職員も子供に愛想がよいし。
なので、あちらの管制官の対応が普通か、いつもより丁寧に感じる、というのはとても分かる気がします。
日本で報道される多くはニュースばえする「攻撃的、威圧的、敵対的」な中国に偏っていることも事実です。確かに日本の危機感をあおるのですが、政府のそんな外交問題より、食用油や豚肉の値段が上がった心配や、子供の進学のためにいかにコネを築くかのほうに、中国人民の日々の関心はとても高かったりします。
そして、彼らの国民性というか、共通点。
「熱しやすく、冷めやすい。」
政府があおるのをやめると、別の関心事に興味がすぐ移る。
「目先の利益を重視。」
何十年もかかるかもしれない島の問題より、去年買った投資用不動産の値下がりの方が、自分にとっては大問題。
「情にあつい。」
去年北京在留邦人の間ではよくあった話し。(でもこういう市井のエピソードは、日本では報道されない。なぜ?)周りの中国人から「嫌がらせされてないかい?困ったことがあればすぐ言ってね。遠慮しちゃダメだよ。私達友達なんだから。」と、とても心配してくれる。
こういったことを身を持って経験したので,報道だけ見て「中国は怖い。」と短絡的に思わなくなりました。人口が多いので、いろんな人がいます。管制官の中にも、表立っては言えなくても「今の緊張状態も一時的なもの。政府の矛先が日本から他のものに転換すれば、何事も無かったように元に戻る。」と、きちんと分かっている方もいるかもしれません。
GDPが日本を抜き、世界第二位になった中国。
世界から一目置かれたい。認められたい。大国デビューを果たして、3位の日本より凄いところを見せつけたい。そんな焦りと、ふくれあがってきている国内問題(経済格差、環境汚染、少数民族弾圧、汚職など)の人民の不満を、日本との外交問題でそらそうという、切羽詰まった感が否めません。
こんなときこそ、政治家同士に解決を丸投げするばかりでなく、両国民一人一人ができることを地道に積み上げて、仲良くする取り組みを(気が遠くなるけど)することで、それぞれ貢献しなければならないのでは、と強く感じます。

 ウムキ | 2013.11.29 22:08

チャンネルの1は管制通信
チャンネルの2はデータ通信
チャンネルの3は昔はカンパニーでしたが
現在は121.500の非常用通信です。が、このチャンネル3を
時々、私用につかう国があるのです。
自衛官は退官後も当然守秘義務が課されるのでYに確認
しましたら、1佐クラスの機密は退官後短期間で全更新
され、全く使い物にならなくなるそうです。
「美人スパイから言い寄られる」なんてことは一度も
なかったそうです。

 66B | 2013.11.30 1:32

何度も失礼いたします。
今、報道を見ると識別圏であちらがスクランブルをかけたと発表があったとのこと。
悠長なこと言ってられなくなりましたね。
ハッタリでこちらの出方を見ようとしているだけでは、と思ってましたが。
緊張高まりますね。

 WP | 2013.11.30 12:19

昨日は中国から要撃機が上がった(ことにした?)ニュースを見て、だいぶんきな臭くなってきたなぁと思いました。なんとなくAIM引っ張り出して、被要撃機の応答手順を見てたんですが、航空灯の「規則的に点滅」と「不規則な間隔で点滅」って微妙だなぁと思いました。
ライン機は3チャンネルあるんですね。それならガードをモニターできますね。私がガードで聞いた事のある通信は「ピーィ、ピーィ、ピーィ」というやけに大きな信号音で、自機が出しているELT信号だったりします。Gで作動するELTは敏感でいけませんね。

 安西 | 2013.11.30 21:29

66B様
中国に住まれていたのですね。私も韓国人の友人がいますが、「君とはあの島の話はしたくない」といわれたことがあります。いまでも印象に残っている言葉で、なかなか複雑だなぁと思いました。緊張が高まる空域で、私が出来る事は中国人管制官に「Good day」と言う事くらいでしょうか。
ウムキ様
守秘義務ですか、、その言葉はなんとなく男心をくすぐります。子供の時の秘密基地に似た何かが、、、。
WP様
要撃の手順、本当にそんなんで相手に伝わるのか?!って思いますよね。誤解されないといいんですけど。。。
ELTはたまに聞こえますね。優れたシステムですが、ちょっとオオカミ少年的な側面もあるようです。

Comment





Comment