ANZAI, 日記

50年後の飛行機

英会話で、「50年後はどんな飛行機が飛んでると思う?」って聞かれた。
そうねぇ、少なくとも現行の化石燃料を使って飛行機を飛ばす時代は
そのころには終わっているんじゃないかな。
もっと環境に優しく、リーズナブルな代替燃料が開発されるんじゃないかと。
それはすなわち、中東勢のアドバンテージを奪う何かでしょう。
が、今あるオイルマネーを未来の技術に投資しているならば
この先100年くらいは中東は大丈夫かな?
ま、そんな先の事はわからんけども。
もしかしたら、電気だけで飛ぶ飛行機が登場したりして。
今の技術じゃありえないけど、50年後はどうだろう。
だって、ライト兄弟がブルブル飛行機を飛ばしていた頃から100年で
777がノンストップで太平洋を越えてく時代になっちゃった。
技術革新の速度はこれからも加速度的に速くなっていくだろうから
たった50年で、今の我々の想像力を遥かに上回るものができたっておかしくない。
太陽電池だけで飛ぶ飛行機とか。
昼しか飛べんけど。
ま、、、電気だけってのは流石に無理かな。。。


2013-05-03 | Posted in ANZAI, 日記4 Comments » 

コメント4件

 ウムキ | 2013.05.03 17:10

35年前、地方の工業大学で交通工学を学んでいました。
30年後の交通システムはこのように変わりますと教授は
力強く講義してました。
東京⇔大阪は リニアモーター で1時間!
羽田⇔伊丹は 水素飛行機 で20分!
実際は
リニアは実用の気配さえありません。
飛行機はDランへ出るまででタクシー20分です。
全くいいかげんな教授です・・・。

 安西 | 2013.05.03 18:51

ウムキ様
それは面白いですね!50年後も以外と大したことなかったりして^^
科学が進歩しても、それの実用化の前に立ちはだかるのはいつも利権や私利私欲です。。。

 ミー | 2013.05.04 0:09

安西様
こんばんは(*^^*)
50年後、夢はありますよねo(^▽^)o
車だってカーブ情報を取得してブレーキ制御をしてくれたり、注意力低下を教えてくれるアテンションアシストが備わっていたり、車線逸脱防止シサテムなんて当たり前!歩行者探知機能まである時代に今既になっているのですから!(^^)!
もしかしたら飛行機のようなハイテク機材なら形そのものが変わってしまうかも(?)
   
      ( …………………でも開発者の皆様、
どうか翼だけは残して下さい……m(_ _)m  (笑))

 安西 | 2013.05.05 5:23

ミー様
最近の車は確かにすごいですね!
飛行機は羽がなと飛べませんので、多分それは大丈夫だと思いますよ^^

Comment





Comment