BLOG, 日記

Broaden Your Horizon!

とあるブラジル人機長とメキシコ行った時の話。

 

彼、あと2〜3年でパイロット辞めようとおもってるんだって(またかよw)。なんでも、音楽関係のビジネスをヨーロッパでやってるらしく、それがケッコーうまくいってんだとか。自分のバンドも持ってて、なんかあちこちでライブやっててなかなかいい感じなんだそうで。

 

ふむふむ、そりゃ大したもんですな。

 

で、彼の友達がメキシコシティでブラジリアンレストランやってるってんで、連れてってもらったわけよ。でまたこの友人の彼も元パイロット。なんで辞めたのよって聞いたら、実は長期の無給を取ってて、いつでもパイロットとして戻れるんだって。オーナーに誘われてここで期限付きでマネージャーやってるんだと。でも、もうすぐアメリカでの新店舗オープンの予定があって、もしそこでマネージャーのポジションもらえたら、もう完全に会社辞めようと思ってるんだってさ。朝起きて仕事して夜帰って家族でゴハン食べる生活がすげー心地いいみたい。

 

うーん、日本でそんなん聞いたことないよね。「僕パイロットなんだけど無給使って韓国の日本食レストランでマネージャーやってます」みたいな。パイロットに限らず、他の業界でもあんまないんじゃないかな。知らんけど。

 

まぁ、ジンセーは色々だから。27,000時間も飛んでまだまだ飛びたいゆーてるおっさんもいれば、こうやって新しい道に進んでく人もいるわけで。9.11やらリーマンショックに振り回されてライセンス携えタフなエクスパットライフ送ってるやつもいれば、戦争で国に帰れなくなったやつもいるし

 

中東の会社受験した時、「なんで日本出たいのよ、悪い会社じゃないじゃん、残ればいーじゃん?」て聞かれた記憶あるんだけど、たしか「Broaden my horizonしたいっす」みたいなこと言ったんだよね。まぁ、あんときゃただ当たり障りない無難な答えを選んだだけなんだけど、あの日あの時答えた通り、日本を去って、ブラジル人やらアメリカ人と大西洋越えながら、私のHorizenがBroadenしてくのを感じているわけであります。

 

 

安西副操縦士のログブック | パイロット ブログ

 

 


2018-02-19 | Posted in BLOG, 日記2 Comments » 

コメント2件

 みかん | 2018.02.21 0:02

安西様

はじめまして、みかんと申します。
いつもこのブログを楽しく読ませて頂いております。
大学卒業後、社会人を経て、エアラインを目指して自費で免許取得中です。(このブログが自費免許取得のきっかけの一つにもなりました。)

私も安西様のように近い将来、海外エアラインでワイドボディ機を飛ばしたいと考えています。
その際に、まずは最初に就職する日本のエアラインをどうしようかと考えております。
(幸い、私の所属先は比較的就職に恵まれています。)
①入社後、地上研修が短いor無く、FO昇格の早いERJ/CRJといったリージョナルjet、又はQ400/ATRといったターボプロップの会社で早期にFOになり、requirementを満たして国内LCCに転職してA320等で飛行時間を貯める。
②地上研修等で入社からFO昇格まで二年程度かかるが、最初からB737やA320の会社に就職する。

①のメリットは早期にFOになれることと、大手子会社等が多いので、FO昇格訓練が相対的に手厚いイメージがあります。デメリットは、転職して再訓練が必要なことと、当たり前ですが必ず転職できるかわからないことです。現在は売り手市場なのでターボプロップの会社からの転職も比較的容易と聞きましたが、今後は不透明なところもあると思います。
②のメリットは最初からb737やa320といった海外に出る際に武器になる経験が積めることだと思います。デメリットは、FO昇格まで時間がかかること、また、LCCやANA系列の新興航空会社が多く、訓練が相対的に①の会社ほど手厚くはないイメージがあります。

勿論、当人の能力と努力が大切なのは当然ですが、もし安西様が今、訓練生ならばどちらを選ばれますでしょうか?
安西様のお考えをお聞きしたいです。

長文、失礼致しました。

 安西 | 2018.02.22 2:06

初めまして。記事にしましたのでそちらをご覧ください。

Comment





Comment