BLOG, 日記

花畑牧場とパイロット

花畑牧場のキャラメル。

 

 

田中義剛が営む牧場が北海道は帯広にあるんです。今もあんのかな。

 

その帯広に私が在籍していた航空大学がキャンパスをかまえているわけなんだけど、よくヨシタケからプロペラ機うるせーから牧場の上空飛ぶんじゃねぇ牛の乳出なくなんだろって苦情の電話きてたらしいんですよw

 

あんときゃなんかそれがムカついてね。後から牧場つくっといて文句いってんじゃねーおめーんとこの牛さんなんて知らねーよって思ったワケです正直なところ。

 

それと同時に、あぁプロのパイロットたるもの安全だけではなく地上の牛さんのチチにまで配慮せなあかんのかと、軽い衝撃を覚えたワケですよ。

 

このギョーカイには、Noise Abatement Procedureなるものが存在します。文字通り、地上の人々や牛々たちに騒音を撒き散らさないよう気をつけて飛びましょうというコンセプトのprocedureです。

 

このprocedureをやるたびに、ヨシタケの事をなんとなく思い出すわけです。まぁヨシタケのこたぁどーでもいいんですけど、このキャラメルは確かに美味しいわけで、この美味しいキャラメル作りを邪魔しないよう、これからもなるべく静かに飛んでいきたいなと、キャラメル食べながら思うわけなんです。

 

 

安西副操縦士のログブック | パイロット グログ


2018-02-25 | Posted in BLOG, 日記3 Comments » 

コメント3件

 帯広学生 | 2018.02.25 21:35

現在帯広で訓練しているものです。
読んでいて笑ってしまいました。今も上空は飛行禁止です。これからも牛さんたちを気にかけて訓練するようにします^_^

 熊本学生 | 2018.02.26 9:42

幸い苦情は来ていませんが、熊本ではdownwindの地上目標に牛舎を使っています、、笑
航大ということは訓練中に九州を飛行したこともありますか?

 安西 | 2018.02.28 13:54

帯広学生様
今の時期ですと白銀の大地が美しいですね。春になった瞬間景色が一変してクランクがどこにあるかわからなくなりロスポジしたのが懐かしい…

熊本学生様
九州は飛んでいました。ヨシタケじゃなければ電話が来ることもないでしょう(笑)

Comment





Comment