日記

【タカ】近況報告

皆さんどうもお久しぶりです。
最近投稿ないから心配してたかな?
誰も心配してないか(笑)
タカです〜。
先日無事に全ての訓練、チェックを終え
文字通り大型機で世界中を飛んでおります。

大変な事もそれなりにあったけど、やはり異国の地に自分で操縦して、飛行機から降りて空港歩いてる時に感じるその国の雰囲気や、匂い…「あ、俺、外国来たんだ」感は格別❗️
個人的には誰かがつけてる香水やら、カフェのコーヒーの匂いが混ざったなんとも言えない外国の香りがとても好き。
フローリングの洗剤の匂いだとも聞いた事ありますが。
日本じゃまず嗅げない香りです(笑)

そいや、学生時代朝練に向かう横須賀方面行きの電車に乗ると、夜中クラブで遊んでたであろう米軍の人達が沢山乗ってた電車も似たような匂いしたな。
やはり香水か…

2016-08-08 | Posted in TAKA&YUJI, 日記7 Comments » 

 

【タカ】必須アイテム

アメリカのとある南部の街にに来てます。
FAAのATPL“AirlineTransport Pilot License”
日本で言う定期運送用操縦士資格を取る為です。
このATPLと言う免許が無いと海外では副操縦士としてでも働けません(゚o゚;;
…にしてもこの街、ヒスパニック系の方が多くてびっくりしてます。
スーパーに行ってもアナウンスもスペイン語、店員と客もスペイン語で話してます。
たまにスペイン語で話しかけられます(゚o゚;;^

今回約3週間の滞在なんですが、
離日する前に買ったのが携帯ウォシュレット!
これ超便利!

そして快適そのものです。

コンパクトにたためて場所も取らないので、
世界を股にかけるパイロットにとって

ATPLと携帯ウォシュレットは必須アイテムになりそうです。

股にかける事は大事ってことですな( ^ω^ )

お後がよろしいようで。

2016-01-31 | Posted in TAKA&YUJI, 日記2 Comments » 

 

【タカ】退職届

出しちゃいました。
さぁ次は何処へ…?笑
新たな旅が始まりそうです。
とりあえずアメリカ来ました(笑)

2016-01-16 | Posted in TAKA&YUJI, 日記12 Comments » 

 

【ユージ】スケジューラーの人でなし!!

どうも、ついに人のネタをパクりはじめましたユージです。

安西さんの会社と同じく、というかどこの会社でもよく発生するスケジュールチェンジ。

弊社でもよくよくよーく発生します。

理由は台風等の天候から機材の不具合、体調不良など様々です。

もちろん、スケジューラーも夜遅くまで残りあーでもないこーでもないと考え、お客様になるべく迷惑のかからないようにするための変更なので仕方の無い事。

特に体調不良はお互い様ですしね。

私が以前受けた珍しい理由は、他のパイロットの奥様の出産予定日が早まりチェンジに・・・ということでそれはそれは喜ばしいことなので、快く引き受けさせていただきました。

 

このスケジュールチェンジ、私の中ではとあるジンクスが・・・

それは「予定を入れているとチェンジになる」です。

例えばステイ先で大学時代の友人と会うなんて入れていたら変更に。

約束するときに予め伝えるものの数年ぶりの再会になるはずだっただけにショックもでかいです。

女性と約束してたらまあほぼ100%チェンジになりますね笑

スケジューラー見てんのか?というくらい笑

 

と、いうわけで安西さんがドイツのおめめ真っ青ブロンドのお姉様と約束していたからか、、、どうかはわかりませんが、私ユージは今月約束していた2回ともスケジュールチェンジによりキャンセルとなるのでした泣

2015-09-15 | Posted in TAKA&YUJI, 日記5 Comments » 

 

【ユージ】ここが変だよ、JCAB Part.2

どうもこんばんは。
カスカスカスカス カースガ!です。
じゃなくて、ユージです。

ご無沙汰しております。

ここ最近は北は北千住から南は南千住まで全国津々浦々を飛び回っておりというかブログネタがなかったのでというかめんどくさかったので書いてませんでした。

ごめんなさい。

んで、自分から台風の目に飛び込んでいくのはあまり好きじゃないんですけど、目に余る報道をネットで見かけたのでタカに乗っかって書いてみようかなーと。

丘珠の胴体着陸の続きですけど、この胴体着陸、最初はイレギュラー運航として処理しようとしてたみたいです。
ただ、以前鹿児島空港で航空大学校の訓練生が同様の胴体着陸をした時も、神戸空港で双発機が同様の胴体着陸をした時も、事故認定しておりさすがにマズイと思ったのか(どうかはわかりませんが)事故認定したようです。

そのままイレギュラー運航にしていたら騒ごうかと思いました。
パイロットミーティングで笑
というか、一度イレギュラー運航と言った時点で身内を庇おうとする姿勢が伺えます。

そしてある記事で発見した大臣殿の発言、これには呆れました。

太田昭宏国土交通相は8月21日の閣議後会見で、札幌市の丘珠空港で19日に起きた小型機の胴体着陸事故について「操縦士免許を取るための試験飛行で、試験官が危ないと指摘したらその時点で不合格になる。ぎりぎりの特殊な状況にあった」と述べた。

危ないと指摘したらその時点で不合格になる。
試験とはそういうもの。みんなそのプレッシャーに耐え試験や審査に臨んでいます。試験では大抵、訓練では想定したことのなかった状況にも遭遇しますが何とか乗り切る訳です。乗り切れなければ不合格になるのは当たり前のこと。
ぎりぎりの特殊な状況でもなければ胴体着陸をした言い訳にもならない。
身内を庇おうとするのもいい加減にしていただきたい。

副操縦士の操縦実施には進入が不安定な場合何feetでTake Overしろと規程に定められています。
この規程の大元の運航規程は、航空運送事業を行う場合に定め大臣の認可を受けなければなりません。
要は航空局がチェックするってことです。
私の友人が新規LCCでこれらの内容を局と調整してましたがかなり大変なようです。
合理的におかしい点は勿論直さなければなりませんが、そうではなく局の担当者の趣味趣向が大分入るようで。
カンパニーポリシーなるものを相当求めてくるそうです。
私個人としては、飛行機を安全に運航するのにカンパニー毎に異なるポリシーがそこまで必要なのかと思っていました。
国として、ポリシーをしっかり持ちそれを航空会社に反映させる。おかしい点は航空会社同士で意見し合い、国として安全を高めていく。
しかし実態は、各社のポリシーに丸投げです。

一企業にはこれを求めているのに天下の航空局にTake Overの基準がなかった、なんてことがあったら怒りますよ。パイロットミーティングで笑
まぁなかったんでしょうね、JCABポリシーが。

仮に機長認定審査において物凄いハードランディングをしそうで、査察がTake Overせずお客様が負傷した場合この人たち(航空局)は何と言うのか。
「機長になるための審査飛行で、査察が危ないと指摘したらその時点で不合格になる。落ちたら機長になれない可哀想で、ぎりぎりの特殊な状況にあった。から操縦を取りませんでした。」

なーんてことを航空会社が言ったら、あなた方の得意技、必殺『激怒』を繰り出してくるんでしょーね笑

さあ皆さん、愚痴から発展させて大いに議論しましょ。
他人の誹謗中傷はしないなどの、小学生でも分かる基本的なマナーは守りつつね。

イレギュラー運航やインシデント、事故などの違いはこちらをご覧ください。
http://www.mlit.go.jp/koku/15_bf_000029.html

2015-08-25 | Posted in TAKA&YUJI, 日記10 Comments »