ANZAI, 仕事

CRM後進国ニッポン

アメリカ人機長とオランダ人コパイ、ブラジル人機長と安西さんの組み合わせで成田へ。

無事到着後、「みんなお疲れさん、なんかコメントある?」とアメリケン。

「機長、1つだけ、機長の声が聞き取りづらいことが結構ありましたので、もう少し大きな声でしゃべっては?特に10,000ft以下では」

とオランダ人コパイ。

「あそう、アドバイスありがとう」と笑顔でアメリケン。(若干笑顔ひきつってたがw)

こういうの、日本じゃぜーーーーーーーったいあり得ない光景なんですな。コパイがキャプテンに「もっと声出していこう」とかギャグでしょ笑。まぁ、そのコパイちょっとかわりもんだったし、僕にはちゃんとメリケンの声聞こえてたんでおめーの耳悪いだけじゃねーのと思ったけど、コパイがちゃんと発言できる環境だってのはいいことだしスゴいことだと思われ。

例えばキャプテンがなんか変なことやってるとき。

あ、言わなきゃな、でももうちょい待つかな、、、ってつい思っちゃうんですよね安西さんってば。これはとても悪いクセで、思った時にパっと言わないと、他のタスクが突然舞い込んで言うの忘れてアブないとこでした、なんてことになりかねないわけですよ。

ではなぜ安西さんが「言う事を躊躇」するかというと、日本での経験のせいなんですね多分。

いるんですよ、ほんと阿呆な輩が。

「機長、コレだいじょぶですか?」とアサーションすると、「んなこと言われんでもわかっとるわ!!」みたいのこと大声で宣う阿呆が。もしくは露骨にイヤな態度とる阿呆が。そらコパイは機長に比べりゃ未熟でしょうから、アサーションが適切でない事もあるでしょう。でもね、んなことやってると必然的にSpeak Upしにくい環境になっちゃって、ホントに言わなきゃ行けない時に「もうちょいアブなくなったら言うかこいつうるせーし、、、」なんて思っちゃうワケ。危なくなるまで待つ理由なんか皆無なのに。で、飛行機落ちるわけ。アシアナみたいに。

文化的な側面から、日本人や韓国人にとってCRMってのは結構難儀なもんだと思うんですね。でもだからって文化のせいで人死んでいいわけじゃないし。ああいう阿呆は永遠に阿呆なんでしょうからとっととご隠居願いたいんだが、パイロットの定年67になるとか、、、。

まぁ、機長に気持よく飛んでいただく事もCRMの一部だと思うんです。機長の人柄をつかむ事も大事だろうし、ウマい言い方を考えることも必要なんだろうと。効果的にアドバイスできるように当然色々研究せにゃいかんでしょう。ああいう輩と飛ぶことでコミュ力が伸びるということも或は、、、無いよね。多分時間の無駄。

しかしねぇ、あの辺の阿呆も他の阿呆と飛んだとき苦労したはずなんだけどなぁ若かりし頃。阿呆同士だとうまくいくんかね。

 

 

安西副操縦士のログブック | パイロット ブログ


2016-04-04 | Posted in ANZAI, 仕事12 Comments » 

コメント12件

 Kiyo | 2016.04.04 3:02

CRMってクルー同士のコミュニケーションでも大切なんですね。
とても勉強になりました。

ちなみに、安西様の経験上で「言う事を躊躇」や「アサーション」をしなかった為に
良かった事や危なくなった経験など有りましたら教えて頂けないでしょうか?

 bus driver | 2016.04.04 9:46

機長も副操縦士の意見を聞いて「なるほど」と思う気持ちが大事。別に機長はパーフェクトではないからね。CRM、知れば知るほど楽しいよ〜

 mr and mrs | 2016.04.04 19:16

すばらしいです!!
安西さんの会社applyしたいです!

 まっしゅ | 2016.04.04 21:31

(前回の書き込みの返事)まだ入学はしてませんが入学前にTOEIC受けなきゃいけないんですよねw

そうですよね、ここぞってときにはコパイがきちんとものを言えて、機長もしっかり聞くっていう空気は大切だと思います。私は高校時代、部長として人をまとめる立場でしたが、部員たちの意見を聞こうと心がけていました。でも私のリーダーシップが強すぎたのか、私が硬く見えてしまったのか、言いにくい雰囲気があったかもなぁと今振り返ると思います。

パイロットだけではありませんが、コミュニケーション能力を鍛える重要さを再確認しました。
バランスって大事ですね。。。

 Seiya | 2016.04.05 0:28

アメリカと日本では教官の教え方もかなり違うと思います。アメリカの教官はよく褒めてくれます。「すごいね」「天才だね」等しょっちゅう言ってくるので少しオーバーな気もしますが、航大の友人曰く日本の教官はかなりスパルタだそうです。
私は日本特有の文化の部活がこの強烈な縦社会を形成しているのではと思います。体育会系のノリは精神力を鍛える面ではいいかもしれませんが、CRMの観点からはあまり良いとは言えないですね。まあ、日本の航空会社は体育会系出身者を好んで採用するみたいなので、エンドレスで神様キャプテンが生み出されるんでしょうね。

 gennai04 | 2016.04.05 5:46

お久しぶりです。安西様。おっしゃるCRMでは、豪州のカンタス(クアンタスといってたような)が進んでいると聞いた気がします。世界で最も安全な航空会社。今でもそうかは解りませんが。
でも機内サービスは大味?

 Alone007 | 2016.04.06 21:22

日本人教官とアメリカ人教官の違いといえば、全日空の自社養成のビデオを見ていた時
試験に一回フェイルした訓練生と教官のやりとりが印象的でした。

アメリカ人教官「君の着陸には不安があるけど、気にすることはないよ。」

訓練生「なぜですか?」

ア「例えばほら、いま君と私はコーヒーを飲んでいるね」

ア「私は大きいカップで、君は小さいカップで飲んでいるけど」

ア「これは才能の差なんかじゃなく、単純に経験の差なんだよ。それに、普通の人にはカップを持つことすらできないんだ。だから自信を持ちなさい。」

訓「はいッ!」

その後無事に彼は試験に合格し、多分機長として飛んでいる筈です。
いい教官だなぁ〜と感じましたね。
コーヒーカップの大きさを経験に例えて元気づけるなんて粋なマネ、日本人はできるのかな

 安西 | 2016.04.07 2:01

kiyo様
躊躇してもせいぜい5秒なんで、いまのところそういう経験はないですね。

bus driver様
今日はイタリア人とラテン系のCRMしてきました。

mr and mrs様
どうぞ!!

まっしゅ様
トイックですか〜CRM以上にめんどくさいですねぇ

Seiya様
ヒコーキの国アメリカ、その国の空気を吸うだけで高く飛べそうな気がしますよね。

gennai04様
カンタスは乗った事ないですねぇ。乗る機会なさそうだなぁ。

Alone007様
そういえばアメリカでATPLやったときやたらとほめられました。アメリカ帰りたいw

 ボリジ | 2016.04.09 4:23

こんな動画がありました。
https://www.youtube.com/watch?v=ruJhT6WGZ_s

日本人、外国人の区別ではなくて、育ち方だとしたら、

・怒る→言い返す、他者の話を聞かない
・叱る→褒める、説明する

大人になって、このように変化するのかとも?

 安西 | 2016.04.10 20:23

ボリジ様
なるほど、、、あのアホんダラたちはどんな育ち方したんでしょうか。

 ナオ | 2016.04.19 21:10

阿呆ほど、つっこみどころもてんこ盛り(๑ ー̀εー́ ๑)

 安西 | 2016.04.22 11:16

ナオ様
えぇ、あほですからねぇ。

Comment





Comment