ブログ 雑記

ホントにあった怖い話

日、友人機長(以下Z)からこんな話を聞かされました。

 

スポンサーリンク




 

13時間の長いフライト。パイロットは操縦担当が4人、デッドヘッド1名の計5人。

他機もいないし天気も良い。

「こんなんだからパイロットは給料泥棒だなんて言われるんだよな!」

なんて機嫌よく冗談飛ばす機長。

 

しかし、Zにはちょっと気になることが。

 

4人のクルーのうち、Aの様子がどうもオカシイ。ソワソワとモノを探し始めたり、数字をブツブツ呟いてみたり。

様子を見ていると、ナッツを食べる時、10回ナッツを口に運ぶのがルーティンの様子。でも4番目と6番目のナッツは必ずゴミ箱に捨てる。

そして紙に書かれた9の数字をZに見せる。

 

「コレ、なんだと思う?」

『9でしょ』

「違う、ひっくり返すと6になる。だからこれはキケン...」

 

なんだコイツ...

 

う思っていると、Aはトイレに行ってくると離席。

しばらくすると何やら後ろで口論が始まった。

コックピットにはZ1人なので離れるわけにもいかずAの帰りを待っていると、帰ってきたAはこうZに不満をぶちまる。

「アイツは何も仕事をしていない!ただ座ってるだけじゃないか!」

『いや、だって、、、彼はデッドヘッドだから、、、』

 

うこうしているうちに交代のため機長がレストから帰ってきた。

その機長に対してA。

「あなた、今まで何やってた?アイツは後ろに座ったまま何もしていないのに、なんでアナタが注意しない?!」

唖然とする機長。

その場をなんとかZが収め、無事着陸。

忘れ物がないかバンク(休憩室)に確認しにいくと、なんとバンクがメチャクチャに汚れてる。挙句には、開けられないようにシールで封がされているところ(開けてはいけないところ)がこじ開けられている。

 

『おい、おまえ、、、これ、どうしたの?』

「違う、違うよ、アイツがやったんだよ、デッドヘッドのアイツが、、、」

『でも、デッドヘッドのやつはここには来ないよね、、、』

「あ、、、携帯電話がない、、どこだ、、、あぁ、、これもアイツだ、携帯を盗んだんだよアイツが...!」

 

テルに到着すると、ちょっと気味が悪くなったZはDO NOT DISTURBの札をドアノブにかけ、シャワーを浴びることに。

服を脱いでいると機長から電話。

「どう思う?」

『どう思うって、、、ダメでしょう。Aと2人で操縦室にいる間、トイレにも行けなかった。何するかわからないから。替えのパイロットを呼ぶべきでは』

「うむ、、、とりあえず会社には報告しておく。出発までまだ時間があるから、少し様子を見よう。機内の荒らされてた所は写真に撮ったから、これも送っておくか...」

シャワー後、ビールでも買いに行くかと外にでたZ。

 

あれ、さっきかけた札がない.....

 

1階に降り、ビールを買い、フロントで新しい札をもらいドアノブにかけ、その日は2缶飲んで就寝。

翌朝、再び機長からの電話で目覚める。

「おはよう、実はAから話があると呼び出されてね、君も来てくれないか」

『了解...』

着替えて部屋を出ると、また、札が無い。

 

「マジかよ...」

 

ち合わせ場所のロビーのソファに腰掛けるA。2人がそこに着くなり機長を指差して言い放つ。

「あなたは機長失格だ!!」

なだめるように低い声で機長。

「わかった、わかった、君の言う通りだね。ここだと人目もあるから、君の部屋で話そう」

Aの部屋に着くとZは目を疑った。洗面所のシンクやトイレ、テーブルが油性ペンのようなもので無茶苦茶に落書きされていたのだ。

「全部、、、全部デッドヘッドのアイツだよ、、、」

再び機長を指差すA。

「そのマスクを取れ!おまえ、、、悪魔なんだろう、、外してみろそのマスクを!!
今この瞬間から機長は自分が務める。明日のフライトを繰り上げて今夜オマエ抜きで帰ることにする!!」

呆気にとられる一同。

ふとベッドの上に目をやると、DO NOT DISTURBの札が3枚。

『ねぇ、、、コレ、、、どしたの』

「アイツ、、、デッドヘッドのアイツが!!」

『でも彼はこのホテルにはいないよね、、、』

「悪魔だから、、、アイツも悪魔だから!!」

 

屋に戻るなり機長より入電。

「ダメだね」

『はい』

「一緒に帰るのは危ない。とりあえず身の危険を感じるから、部屋を変えてもらおう。君も一緒にフロントに来てくれ。ホテルにも全て話そう。他の客に迷惑がかかるといけない。」

機長もZも、Aの言動を録音し部屋の落書きを写真に収めていた。写真をみたホテルのマネージャーは驚いて言った。

「いや、、、実は13階のクルーラウンジにも似たような落書きがあって、、、」

部屋へ戻り荷物をまとめていると、コンコンとドアを叩く音。

まさかと思い覗き穴を覗くと外にはAが。

仕方なくドアを開ける。

「今夜、君と二人で帰ることにする。夜11時に下に集合。あの機長はダメ、置いて帰る。」

『そうだね、そうしよう...』

スポンサーリンク




しい部屋は6階。6を嫌うAは6階には上がってこないだろうと踏んだから。

仮眠を取っていると11時過ぎにフロントより入電。

「今フロントにAが来ました。あなたを探しています。しばらく部屋から出ないように...」

翌日、機長より入電。

「会社から連絡が。Aはクルーから外された。我々3人で帰る」

『了解、Aの今後は?』

「幸運にも社内に肉親がいるそうだ。そに方に明日迎えに来てもらい、連れて帰ってもらう」

 

りのフライトは15時間。3人で勤務可能な時間ギリギリのため、いつもより飛ばして帰る。幸い、コロナの影響で空いていたので、予定より大幅に早く着陸。

帰宅後、気になって社内ポータルサイトでクルーリストを見てみると、Aの名前はもう無かった。

 

 

✈︎



-ブログ, 雑記

Copyright© 安西副操縦士のログブック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.