ANZAI, 仕事

日本語PAお断り

成田等に行く際、機長に日本語でPA(機内アナウンス)やってくれといわれることがたまにあるんですが、そんなときは一旦丁重にお断りしています笑。

だって、長いPAって鬱陶しくないですか。私も月1回は飛行機にお客さんとして乗りますが、「長ぇよ!!」って思う事よくあるんです。特に映画観てるときね、PAで映画中断されちゃうでしょ。到着までになんとかラストまで観終わりたい時のPAには結構イライラさせられます。

それにPAするのはパイロットだけじゃないですからね。日本人のCAさんも必ず日本語PAしますから。別にいいでしょ。乱気流等安全に関わる際のPAはもちろん別ですが。

そういや先日ANAさんの飛行機に乗った際、機長がたいして中身のないPAを英語、日本語、中国語、韓国語で嬉しそうにやってたな。あれを良しとするお客さんとウザいと思うお客さん、どっちが多いんかね。

とはいえ先日、日本人沢山乗ってんだから君がやるべきだよ、と言われたのでそんときゃもちろんやらせていただきましたけどね。どうせ機長日本語わかんねーから「機長の安西です」と皆さんに大嘘つきました。あれは人生最大の嘘だったな。反省してます。もうしません。

 

 

安西副操縦士のログブック | パイロット ブログ


2016-04-15 | Posted in ANZAI, 仕事19 Comments » 

コメント19件

 サイトー | 2016.04.15 10:29

はじめまして!機長の安西さんwww
たまにしか飛行機には乗りませんが、機内アナウンスはアッサリしたものしか経験ありません。
たまには長くてもいいですけど。

こないだ乗ったAIR・DOの副操縦士さん、アナウンスはとても滑らかでした。

 Alone007 | 2016.04.15 18:07

機長の安西さんかぁ
嘘なんかどうせわかりませんしダイジョーブ!
でも機内アナウンスのイライラは共感できますね。特に国際線は。3ヶ国語も4か国語も話せるキャプテン、もちろん素晴らしいですけどね〜。
安西さんのアナウンスの場合は、日本人のお客さんに安心感を与える意味ではいいことだと思います!何より副操縦士の方の声が聞けるのは珍しいですからね〜

 へなへなたか | 2016.04.15 19:37

楽しい機内アナウンスなら大歓迎ですよ!
過日、松山行きで副操縦士さまが、

「風の影響で山側から着陸するぜ~!」

と事前アナウンス。
でも、聞いてないお客様はいるもので、

1.一旦滑走路付近まで降下
2.再上昇
3.山側から着陸


2.
のシチュエーションで、

「なになに~??」

となったものの、隣のお連れ様から、

「え、聞いてなかったの?」

で終了でした。

まぁ私もたまに、付き合いで行った飲み屋さんで、

“シャッチョサ~ン!“

と言われても、

「いいえ、ヒラリーマンです。」

と否定したことはありませんので、わからなければ大丈夫なのではないでしょうか?

 まっしゅ | 2016.04.15 23:05

機長昇格おめでとうございますwwww
私はどれだけPAが長くても苦にならないほうですが、そうでないお客さんもいるんですもんね。
ただ、外資系の飛行機で日本語を聞いたら、日本人としては安心します。

  | 2016.04.16 11:44

安西機長(((o(*゚▽゚*)o)))
確かに映画中のPAにはイラッとしちゃいますね〜。クスっと笑える内容や揺れに関する情報とかは別ですけど。

でも外国航空機でパイロットから日本語ペラペラ聞いたら、「おっ!日本人パイロットかな!?」ってなるんで聞いてみたいです。

 チラ見 | 2016.04.16 12:05

安西スカイキャプテン(・ω・`=)ゞ

 とも | 2016.04.16 19:37

安西機長さん はじめまして♪
アナウンスは飛行機乗っていると楽しみのひとつです(^^) 日本語アナウンス なんだか安心します!! 長くても 私は気にならないし ワクワクします(^^)

 amiima | 2016.04.16 21:50

安西さんに贈ります。

Waking Proud
作詞:浜崎あゆみ

私の唇がひとつ嘘をついた
それは些細な理由からで
誰のためでもなく
ただ愚かな自分を守る為だったんだろう
そんな道の途中
現実から逃げた
あらゆる痛みからも逃げた
今はこんなだけど
いつか理想通りの
自分になるのだからと

安西さん。いつか嘘のない、理想通りの自分になってくださいね(^-^)

 ★空美★ | 2016.04.17 1:05

あっくん!やるねぇ~笑(*・・)σ

真面目に言ってる姿見たかったなぁ笑

私なら笑っちゃうかも笑

そしてあっくんの声聴きながらにやけちゃうかも笑(*ノ▽ノ)

いつかその嘘はホントになるから、その時を楽しみにしてるよっ(*´∀`)

 H.M | 2016.04.17 11:57

機長の安西です!
いいですね〜
日本語のわかるCAさんは、心の中でクスッと笑ってたのかなー( ´ ▽ ` )ノ

あと、いままで、アイフォンのSafariでお気に入りにいれて、安西さんのブログを見ていたのですが、数日前ら急にアクセスできなくなりました。。
Google検索から、ブックマークにいれても、開けず。。
しばらく、その都度Google検索して開くしかなさそうです。。なんででしょ。。´д` ;

 ジャングルジェット | 2016.04.17 23:01

さすがですっ。それくらいの遊び心があっても全然いいと思います。

私、過去にATCに向けて話すつもりが間違ってPAボタンを押しながら話しかけた事がありマス。。。

 ボリジ | 2016.04.18 4:45

名乗って下されば傾聴いたします。
イラッと来るのは
「操縦席より御案内いたします」でしょうか。
生命を預けて乗っている側から見れば、
「席が喋る」のでは、どんなに美声でもアレレです(笑)

 匿名 | 2016.04.18 21:59

あーそのアナウンスってリンク貼ってあるブログの旦那さんですね

 安西 | 2016.04.19 7:08

サイトー様
はじめまして。やりますねAIRDO!

Alon007様
安心するもんですかね?じゃやってもいいかもしれませんねー。

へなへなたか様
再上昇?!いったいどんなアプローチだったんでしょう。世界は広い。。。

まっしゅ様
ありがとうございます!思い残す事はありません。

匡様
そんなもんですか。今度からやってみますかねぇ。

チラ見様
ちーっす。

とも様
はじめまして!うーむ、出発前のPAなら映画の邪魔にもならなそうですしねぇ。

amiima様
Ayuは染みますねぇ。

空美様
5年後くらいには嘘じゃなくなりますかね。

H.M様
日本人CAさんいましたからね。嘘つき!と突っ込んでいたことでしょう。
ブログ引っ越してから何かと不具合おおいんですよね。すみませんほんと。

ジャングルジェット様
パイロットアルアルですねw

ポリジ様
イライラポイントは人それぞれですねぇ。

匿名様
そうなんですかぁB777でしたけど。じゃ僕もみならっちゃおうかなー

 ナオ | 2016.04.19 20:56

長くて苦になるかどうかは内容次第。何事も(๑¯﹀¯๑)

 安西 | 2016.04.22 11:18

ナオ様
映画よりおもしろいpaなんて無理ですからね、、、

 jun | 2016.04.27 22:24

安西様、お久しぶりです。

印象に残ってるPA…
1, 滑走路が北側に向いている34から西側に向いている16に変わりました。その関係で20分遅れます。(滑走路の番号、乗ってる客の誰が気にするんだろうか。)

2, 東京に向かう飛行機が多すぎて速度制限がかかっています。その関係で遅れます。(理由は大切だけど、もっと簡潔で良い気がする..。)

3, タッチダウン○時○○分、スポット到着○時○○分を予定しております。(細かすぎ!)

そんなにたくさんの情報を、お客さんは求めるだろうかと思う一方、クルーはそういう細かな情報を客に与えることで、もう少しご辛抱してくださいっていうのをやんわり伝える努力をしているのかなーなんて思ったりもします。

降機する時、ドアが開くか開かないかの段階でコックピットクルーが急いでCAの代わりにアナウンスをしていました。到着地の情報について細かに述べていましたが、タイミングちょっと悪かったんでないか、と思いました。

最近日本の飛行機に乗るとコックピットからのPAはよくありますが、できればしたほうが良いっていう位置づけなんだろうなっていうのを感じます。必要か必要じゃないかはともかく、顔の見えない飛行機の操縦者を声を通して何か伝える努力は微笑ましいというか、嬉しい感じもするので自分は好きです。

 ボリジ | 2016.04.29 1:39

離陸前と着陸直後の機長さんのアナウンスを聴くと、
「操縦、お任せましたよ」
「無事着陸、有難う」という気持ちが湧きますね。

以前、悪天で旋回30分以上、着陸後も機内待機、
コックピットからは一切アナウンスがなく、全てチーフさんからでしたが、
着陸はビックリするほどスムーズで、チームワークの良い便でした。

銀行の窓口、ホテルのフロント、スーパーなど、どんな職場でも
チームワークの良し悪しは、客側には丸見えなものです。

 安西 | 2016.05.11 22:41

jun様
お久しぶりです。お客さんはあんまり聞いてない気がします笑。

ボリジ様
そうですか、お客さんからもそういうのはわかるものなんですね〜。

Comment





Comment