ANZAI, 日記

いかにも日本の大手さんってカンジ?

いつだったか、ANAとANKは1つの会社に統合されました。

しかし、ANAの副操縦士が元ANKの機長から訓練を受ける事は許されないんだとか。

なぜなら、ANKの低レベルなパイロットにANAの優秀なパイロットを任せるわけにはいかないからだそうで。

 

だっせ。

 

いかにも極東の田舎もんってカンジで最高じゃね。

一生やってろよってカンジ?

 

安西副操縦士のログブック | パイロット ブログ


2016-06-18 | Posted in ANZAI, 日記12 Comments » 

コメント12件

 ミー | 2016.06.19 1:29

安西様

こんばんは。
ANKが分からなくて調べました^^;
エアーニッポンネットワーク???

ANAという巨大な組織、、、
母体が大切なのも理解出来ますし、自社が一番だと誇りを持たれているのも分かります。
またそれだけの経験と実績を築いてこられたからこそのお考えだとも。。。
ですが巨大化したからこそ見えていないもの、見えなくなってしまったもの、そして敢えて目を伏せた事案、そういったことがきっとあるはずです。
大きな会社って、一つ一つがきっちり分業されていて隣のデスクでは何のお仕事をしているのかが分からないなどと嘘のような本当が沢山ございますもの^^;
個人的な意見ですが小さな会社から大きな会社に行くと意外にも楽にお仕事を熟せてしまったりするものです。
またその逆で、言葉は悪いのですが大企業から小さな会社へ転職した人間が案外使えなかったり…(過去のわたくし自身のことです^^;)
中小企業では全員で力を合わせて一人一人が何から何まで行わなければなりませんからね(;^_^A

そう考えるとここ日本で近頃話題の元『第三者』の意見もきっと参考になることがあると思うのですけど。。。
気付きにこそ原石が隠れているの思っているわたくしは甘いでしょうか?(o_ _)o

 安西 | 2016.06.19 14:35

ミー様
ブラック企業で生き残った人って就職戦線で人気あるみたいです。
気づきがあって、それを改善すれば安全に近づけると思うんですけどねー。違いを見つけて、悦に浸って終わりなんでしょうね。

 ジャングルジェット | 2016.06.19 18:24

安西様

表向きには「チームANA」とかなんとかって謳ってますよね。

ANKやANA WINGSにはANAより優秀な方達が多くいらっしゃるのに残念です。

エリート意識もここまでくると何か嫌ですね。。。

 まっしゅ | 2016.06.19 23:32

ANAはJALに比べて、JALよりもカッチリ締まっているイメージですけど、その分”いかにも日本の大手”感が出てるんでしょうか(;・∀・)
鍛えた翼はつよいって言ってましたけど、、、w

 安西 | 2016.06.20 2:29

ジャングルジェット様
こういう話聞くと、なんかつまんないですよねー。そりゃ不動産衝動買いするわけですよ。

まっしゅ様
へぇ、そんなイメージなんですか。お若い方にはJALよりもANAのほうがカチっとしたイメージに見えるんですかね〜

  | 2016.06.22 23:11

初めまして♪虹と申します。いつも楽しく読ませて頂いてます。
そういった慢心とも言える企業体質はこの先の重大なインシデントへ繋がっていく序章のような気がしてなりません。
あくまでも危惧ですが…。
むしろグループの仲間として、違う風を取り入れる寛容さがあればもっと飛躍できると思いますよね。
極東の~のくだりは、私もその昔アメリカで日本は中国のどこにあるの?と聞かれた事を思い出しました。懐かしいな♪

 さくらい | 2016.06.23 23:29

アメリカで陸単だけ取得し趣味程度に空を楽しんでいるものです。
自費で免許を取得しエアラインを目指している人達と話す機会があったのですが、彼らは免許を全て取っても大手の会社には就職できないと聞きました。
みなさん子会社やLCCに就職していきました。
自社養成や航大など既にルートが決まってるのもわかりますが、やはり1から会社色に染めたいんじゃないのか など彼らは言ってましたが、安西さんの意見が聞きたいです。
よろしくお願いします

 へなへなたか | 2016.06.27 13:19

元ANKのキャプテンに、素晴らしい方々はいらっしゃいますけどねぇ。

ブラック法人で生き続けるワタシ、一人で何でも仕事をこなしているのを見ている同業者からは、
「おたくの法人は敷居が高いと思ってたけど、しゃべってみたらアンタ、案外普通で庶民的。うち来る?」
だそうで。

まぁ、給料控え目で、カミさんに頭上がりませんから。

現在は大手で働くうちのカミさん曰く、

普通なら一時間あれば処理出来る業務を、何日もかけてやっている局がいる。でも、プライドだけは無駄に高い。

だそうで。

それが本当なら、人件費エラい損失だな…。

と思う訳です。

 安西 | 2016.06.28 23:42

虹様
はじめまして!ほんとそうですよね。まぁ、組合やらなんやらありますから。仕方ないんですけどね。大人の事情。

さくらい様
イチから染めたいというのもありますね。あと組合とかシィニョリティとかいろいろあるんでしょう。

へなへなたか様
日本のGDPが低いのはホワイトカラー大国だからなんだそうです。つまり、ムダな人件費が多いと。。。

 たろう | 2016.07.20 22:34

一部の情報だけで感想を言うのは良くないですよ。
元ANK機長に素晴らしい方がたくさんおられるのは間違いありません。
トピックは、運航の担保のラインをどこに引くか、どこに引いてきたか。
会社によってxxには厳しいけどxxには緩いといったラインが違ったのではないでしょうか?

どの様に操縦士の能力を担保すればダサくないのか興味がありまして
日常運航をデータ化し評価して、個人の弱点を集中的にバックアップする方法とかあると思うんですけど、実際どのようにされていますか?

 ジャングルジェット | 2016.07.21 9:41

感想は個人の自由かと。

 安西 | 2016.07.25 22:58

たろう様
コメントありがとうございます^^

まず、当該記事より「著者が一部の情報しか持ち合わせていない」と断定はできないですね。

>トピックは、運航の担保のラインをどこに引くか、どこに引いてきたか。会社によってxxには厳しいけどxxには緩いといったラインが違ったのではないでしょうか?
いえ、そんなトピック設定してません。勝手にトピック変更されたり増やされると議論になりません。

>日常運航をデータ化し評価して、個人の弱点を集中的にバックアップする方法とかあると思うんですけど、実際どのようにされていますか?
方法論はここでは特にトピックとして挙げてないんですよね。ただ、「子会社のパイロットがダメなら一緒のレベルまで引き上げてやろう、その代わり彼らのいい所があるならば我々も取り入れて行こう」という文化•態度が醸成されないことが残念でありダサイという話です。

Comment





Comment