パイロットの年収 ブログ

【最新版】ジェットスタージャパンの待遇 【パイロットの年収編】

2020年4月11日 >

コロナ禍で散々の航空業界ですが、こんな中でもパイロットを採用している会社があります。

ジェットスタージャパン!!!

今日はジェットスタージャパンのパイロットの給料についてサラっと書きます。

 

パイロット(機長と副操縦士)の年収【月80時間飛んだ場合】

パイロット 年収

副操縦士
年収1,400万円

機長
年収2,200万円

2012年には副操縦士の年収は950万くらいだったのに( ゚Д゚)

スカイマークの副操縦士の年収700万なんてもはや日本昔話ですな...

 

機長の年収2,200万の内訳 (飛行機時間80時間/月)

パイロット 年収

機長の年収の内訳を見てみましょう。

60時間保証: 110万/月

60時間以降は1時間ごとに1,7000円支給: 1,7000 x 20 = 34万/月

交通費: 10万/月

ボーナス: 年収の10% /年1 (業績により変動あり)

上記に深夜手当など加えて2,200万円/年

頑張れ、ジェットスタージャパン!!

 

※既に採用が決まっている方は夏までに入社されるようですが、新規の採用プロセスは中断しているようです。ジェットスタージャパンへの応募をお考えの方は直接ご確認ください。(2020/4/18)

 

パイロットの年収に関する記事をコチラにまとめました。

 



-パイロットの年収, ブログ

Copyright© 安西副操縦士のログブック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.