ブログ 雑記

実家の近くが戦地でね、家族の事が心配なんだ

ヒースローからの帰りはデッドヘッドということで、操縦を担当するキャプテンへご挨拶。

 

安「どもども、安西です」

 

機「はいはい、モハメッドです、君珍しい顔してるね、何人?」

 

安「日本人でござる。あなたは?」

 

機「へー日本人パイロットなんているんだねウチの会社。僕はイエメンだよ。」

 

安「そっかーイエメンなんイエメン(; ・`ω・´)?!

 

安「イエメンて、、、だいじょぶなん?」

 

機「いやー、全然ダメなんだよね。もう3年間帰ってない。家族にも会えないんだ」

 

安「まじすか。。。」

 

機「ちょうど実家の近くが戦地でね、家族のことが心配なんだ。連絡は一応とれるんだけど」

 

さわやかな笑顔が印象的な好青年モハメッド。年齢は多分安西さんと同じくらい。若くしてキャプテンになったんでしょう。そのあとも少し話をきいたんだけど、「そっかー」しか言えない安西さん。

そりゃそうですよ。

いったい何を言えるでしょう。戦争を知らないアラサー世代の安西さん。銃弾飛び交う戦地の家族を毎晩のように案じる彼に。いったい何を言えるでしょう。

「まぁ、これが戦争なんだよね。それじゃ仕事に戻るよ」

と、去り際もさわやかなモハメッド。

 

ただただ、彼の家族の無事を祈らんばかり。

 

 

安西副操縦士のログブック | パイロット ブログ



-ブログ, 雑記

Copyright© 安西副操縦士のログブック , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.