BLOG, 仕事

「通常」を知ることの大切さ

巡航中お絵かきしてお勉強。

 

 

決してマーヒーだから絵を描いているわけではありません。パイロットにとって「通
常の状態を知る」ということはとても大切なのです。

「知る」というよりは常に頭の中に有る、いや、体に染み付いている、そんな感じでしょうか。お絵かきは自分自身に「通常」を刷り込む為に有効な方法なのであって、別にマーヒーだったからやってるわけではないのです。

通常を熟知しているからこそ、計器上のちょっとした異変を知覚的に或いは感覚的に「ん、なんかおかしくね?」と察知できるわけなのです。他にも臭い・音・振動などから「通常ではな無い何か」を察知できるようパイロットは常に五感を研ぎ澄ましており、マーヒーな時間など無いのです。

それにしてもM.78とか遅杉。せめて.82くらい出せるようにしてくれ。320neoもこんな遅いの?巡航長すぎてお絵かきしてもーたやないか。

 

 

安西副操縦士のログブック パイロット ブログ


2019-08-22 | Posted in BLOG, 仕事6 Comments » 

コメント6件

 うちなー | 2019.08.22 13:50

うちの嫁さん保育士をしておりますが…
保育士さん達は後ろにも目があるそうで、子供たちの動きにピンと反応するようです(´▽`*)

 安西 | 2019.08.22 14:09

うちなー様
そう!体のセンサーが反応するカンジ!

 チラ見 | 2019.08.22 18:01

この「なんかおかしくね?」てのは仕事でも色んなシーンで大事ですよね。キャプテン!

 NG | 2019.08.23 7:33

うちの会社も738は.78までしか出してないです。
せっかく出発準備頑張って他者の767より先に離陸したのに上で悠然と抜かれてく時の切なさときたら…

 安西 | 2019.08.23 15:35

チラ見様
そうですね〜普段の生活でも大事ですね、そう言われてみれば。

NG様
クヤピーですよね。今度は自分を追い抜ていく767でも写生するとしますか。

 Shira | 2019.09.16 23:11

感じて
感じさせて♪

Comment





Comment