ANZAI, 日記

Red Ocean

10年後に食える仕事、食えない仕事

http://www.amazon.co.jp/dp/4492261036/ref=rdr_ext_tmb

という本にパイロットについての記述がありました。
以下抜粋。
機長として何時間飛んだか、といった世界共通のルールで評価され
国籍や人種が関係ないのは確かなのであるが、
宇宙飛行士ほどの高度な知識集約型ではない。
コンピュータ化も進み、自動化・汎用化が進み、重力の世界に片足を突っ込んでいる。※1
テロやハイジャックなど高度な判断も時には要するが、ルーティン化しつつあり
技能集約的とも言える。
10年後を考えると、特にこれまで待遇が恵まれすぎていた日本人パイロットの
相場が上がることはありえず、JALや他の外国航空会社との待遇格差は
是正されていくと考えるほかない。※2
つまりじり貧だ。
高い理由のほとんどは、企業別組合と
それを説得できないことなかれ主義の経営者にあるからである。
抜粋終了〜
さて、みなさんどう思われますか?
著者の主張するように、最後の砦、ANAの給料でさえ下がってしまうと思いますか?
もし、上記の記述が真実だとして、それでもパイロットになりたいですか?
※1
本書で言う重力の世界とは所謂Red Oceanのこと。
競争が激しく、それほど難しい仕事ではない為給料が下がりやすい
ってことでしょう。
※2
本書によると
ANAで平均年収2000万
JALは1200万

Share on LinkedIn
LINEで送る

2014-01-01 | Posted in ANZAI, 日記11 Comments » 

コメント11件

 まりねこ | 2014.01.01 13:16

新年明けましておめでとうございます。健康で充実した良い年になりますように(^^)
工業生産が主流になってから、匠の技や高級品の良さが見直されるまでに何十年とかかるので、パイロットのような職人も同じような過程をたどるのかという気がしますが…

 匿名 | 2014.01.01 13:59

おそらくは数年のうちに、JAL並には下げられるのではないかと。
今のANAのパイロットの給料は世界一高いと聞いたことがあります。
そのような状態で競争の激しい航空業界では戦っていけないと思います。
今回、月間の乗務時間を伸ばす旨のニュースがありましたが、正直言って焼け石に水と思います。
バカ高い運賃でもってパイロットの報酬になっているのは納得できませんね、それで他社と比べて安全ならばともかく、背面飛行に機体が歪むほどのハードランディング……私はハッキリ言いまして現状のANAに乗りたいとは思いません。以前はANAが好きでしたが。
政治家に媚を売るばかりで自助努力を怠っているようにしか見えません。もっと利用者のことを考えて欲しいものです。
ロビー活動に重大インシデント……沈まぬ太陽のJALを見ているようで、大惨事に巻き込まれたくはありません。

 ★空美★ | 2014.01.01 20:31

改めまして、明けましておめでとうございますm(_ _)m
昨年は、安西様にとって、どのような年でしたか?
(*^^*)
安西様にとって、今年の目標などは、ありますか?(^^)
それにしても、パイロットという職業の将来は、安定した職業とは、言えないと思っています(^^;)
が、私は、とても夢があり、やりがいのある素敵な職業だなぁと…やっぱり尊敬してしまいます(笑)(^_-)
パイロットになりたい!と本気で思う事もよくあります(笑)
でも、この世の中ですから…安定した医療系の職業も魅力的だと思いますよ(笑)なんちゃって(笑)
ウソです(笑)安西様が、パイロットのご職業を心から愛している事が、いつも伝わります(笑)
お給料が低くても、安西様はパイロットを続けたいと思いますか??(笑)(^_-)

 flyingotny | 2014.01.01 21:07

明けましておめでとうございます。
興味深い本ですね!^^
パイロットに関わらず今後、様々な業種がボーダーレスな中で国際競争の波に飲まれ業界内での待遇格差が小さくなっていく中で、どうやって自分の価値を上げて行くかでしょうね。
自分の価値を上げる事ができず、現状維持のままだと周りに飲み込まれ気がついたらジリ貧ということになりかねません。
今のうちから常に自分の置かれた環境と自分の進むべき道をよく考えながら仕事にとりくみましょう。

 まっしゅ | 2014.01.01 21:33

あけましておめでとうございます!!
う~ん、考えさせられますねぇ・・・
確かに安定的とは言いがたい職業ですが・・・
それでも昔から夢みている職業ですし、飛行機が好きなので、可能性がある限り目指していきたいです。
パイロット以外になりたい職業を見つけろという方が自分にとっては難しいです。
今年一年が安西様にとって素晴らしい一年でありますように。

 安西 | 2014.01.02 19:54

まりねこ樣
あけましておめでとうございます。
色んな事を想定して食っていける準備をしていきたいと思います。
匿名様
いつになるかはわかりませんが、給与カットは免れないのではないかと私も思います。ただ、パイロットの給料を下げたところで競争力のアップにはなりません。なぜなら、パイロットの給料は大手航空界社が設立されて以来築き上げられてきた高コスト体質のほんの一部でしかないからです。従って、パイロットの報酬を下げても、バカ高い運賃はさほど変わらないでしょう。
次に、政治との繋がりについてですが、大手航空会社は日本のインフラを担っている存在です。スカイマーク等は絶対に飛ばないであろう赤字路線を飛ばなければならない一方、見返りをもらったり媚を売らなければならないこともあるでしょうね。そのような中、これまでレガシーとして唯一日本で生き残った存在なのですから、それなりの自助努力はあったことでしょう。ただ、もしかすると自助努力ではこれ以上どうにもできないところまできているのかもしれませんが。仰るように何をやっても焼け石に水で、何もできない状態なのかもしれません。
安全については仰る通りです。ここ最近は色々なことが起こっています。利用者に安全面を不安視されても仕方が無い状況です。大惨事に繋がる前に安全運航を徹底してもらいたいものです。
空美樣
あけましておめでとうございます。
そうですね、昨年は1つ目標を達成しましたので、今年は次の目標に向かっていきたいと思います。
医療系のお仕事も、勿論魅力のあるのもだと思います。同時に、体力的にも精神的にも非常に厳しい現場でしょうね。友達や親戚に5人くらい看護師さんがいます。
給料が低くても、パイロットは続けるでしょうね!好きな仕事であるというのがその理由の70%、残りの30%はそれしかできないからです。。。ことしは、この30%の部分にも挑んでいきたいものです。
flyingtony樣
あけましておめでとうございます。
まさにその通りだと思います。そして、まさにそんな話を次のブログに書こうと思っていたんですが、、笑。
今年も精進していきたいと思います。
まっしゅ樣
あけましておめでとうございます。
可能性は諦めない限りゼロになりません。引き際に困ったらいつでもご連絡ください。
まっしゅさんも良い一年を!

 lightning | 2014.01.03 15:42

お久しぶりです。明けましておめでとう御座います。
自分の将来の夢であるパイロットを目指すための支えとして、1週間に1度ほど訪れさせています。
話は変わりまして、
実はこの本を書店で読んだことがあります。
10年後には食えない職種だと書かれていましたが、そんなことはないと思いました。
それはいまいる団塊世代のパイロットが完全に引退するのが4~5年後なので、絶対的に
パイロットが必要になるとあるサイトで読んだことがあるからです。
安西様はどう思いますか?

 WP | 2014.01.04 9:02

パイロットの給料は将来的にある程度下がるだろうと思いますが、それでもラインのパイロットには安定した一定の水準の給料が設定されると思います。正直、それで良いんじゃないかと思っています。給料が良いからってだけでパイロットを目指す人より、本当に飛行機乗りになりたくてこの道に来る人の方が、質の高いパイロットになれると思いますから。
ANAの給料が世界一って聞いた事がありますが、ANAに比べると、NWやUAのパイロット達の方が引退後も含めて、人生を楽しめる条件だと私は感じます。お金じゃない大切なものを分かってるような・・・
私は自分の目指すジャンルでは飛行機で食べていくのが無理だったので今があります。食えないジャンルのパイロットとしては、せめてラインパイロットはそれなりの水準の給料を保って、夢と憧れを与える職業であり続けて欲しいと思います。

 安西 | 2014.01.04 12:41

lightning様
あけましておめでとうございます。パイロットが足りなくなるのは事実だと思います。そのような記事を私も読んだ事がありますし、国土交通省のサイトにもそのような記述がありました。日本だけでなく世界レベルでパイロットと整備士が足りなくなるようですから、「10年後食えない職種」ということはないです。ただ、20~30年という長いトレンドでみると給料が下がっていく可能性は非常に高いです。
WP様
仰るとおり、これからは高給を望んでいる人にはパイロットは向かないかもしれませんね。ANAの給料は世界一ではないでしょう。トップクラスではあると思いますが、お金だけにフォーカスすればANA以上の会社は他にありますし、WPさんが仰るような「人生を楽しめそうな会社」も沢山あります。どんな形でもいいですから、魅力のある世界であってほしいなと私も思います。科学技術の発達やそれにともなう法律の変化が果たしてどのようにパイロットという職業や待遇を変えていくのでしょうね。

 Jun | 2014.01.05 1:00

安西様、あけましておめでとうございます。
私はJAL未満の給料になってもパイロットやりたいですよー!
やっぱり、給料よりやりがい、が大事だと今は思ってますから。
お金を得たいがためにパイロットになりたい、って人も当然いるでしょうが
私は仕事に対する考え方がそうではないもので….。Goalは人それぞれ…ってことでどうでしょうか!

 安西 | 2014.01.05 17:08

Jun様
あけましておめでとうございます。
Goalは無数にあります。自分のゴールの為に頑張りたいですね^^

Comment





Comment