ANZAI, 日記

風の便りで

風の便りで恩人の訃報が届く。

 

この人がいなかったら今の自分はないよなって思える人が、まぁ誰にでもいますよね。

 

あの人のお陰で
あの場所のお陰で
パイロットを目指す仲間に沢山出会ったんですよ。

 

彼らも今じゃ旅客機のパイロットとして国内外に散らばって
子供が何人もいる奴もいれば独身の奴もいるし
もうすぐ機長昇格を迎える奴もいるわけなんだけど
彼らと僕を巡り会わせてくれた、あのおっさんがもういない。

 

彼らも、その人の訃報はだいぶ後で人づてに聞かされたんだとか。

 

頑固の塊みたいな人で
人に迷惑掛けるの嫌うような人だったから
あの人らしいといえばあの人らしい。

 

“見た目はオッカナイけど愛がある”を地でいくような人でさ。

 

決め台詞は
“女の手なんか握ったのは後にも先にも嫁一人”。

 

日本を出る前、挨拶に行ったんだよね。あれから3年も経ってないはず。
そんとき、だいぶ年とったなって思ったのよ。
会話が成り立たないことが何回かあってさ。
なんとなく、もしかするともう会わないかもなってふと思ったのを、ハッキリ覚えてるわけなんだけど。

 

もう何年前かな。

 

みんなで銀座に集まって、勉強したり将来の話をしたよね。

 

時が流れるなぁ。

 

 

安西副操縦士のログブック | パイロット ブログ


2016-12-28 | Posted in ANZAI, 日記2 Comments » 

コメント2件

 ボリジ | 2017.01.01 9:53

大切な人というのは、亡くなっても心の中で生きていますよね。
問いかけて返事がなくても、自問自答の術というか、
育んでもらった愛情が力になるというか…..

世代交代、俺に続いて来い!と天国から檄を飛ばされていますよ。

 安西 | 2017.01.07 23:21

ボリジ様
そうですね。心の中で生きているというやつでしょうか。

Comment





Comment