ANZAI, 日記

Youは何しにこんなところへ

当社もそれなりに大きな会社ですから何千人もパイロットがいるわけです。ですから、同じ人と飛ぶことはあまりないので毎回イチから自己紹介しなければなりません。

「こんにちは、日本からやってきました安西です!」

てな具合です。そして必ず、「前社はどこだったの?」と聞かれますので、「はい、日本の○○という会社から来ました!」と答えると、必ずと言っていいほど

 

はっ(; ・`ω・´)?

 

とか

 

えっ °д°)?

 

みたいなリアクションされます。つまり、なんでわざわざこんなとこ来たの日本の会社辞めてまで?!アホなの?!ってリアクションなわけです。

自国以外で働くパイロットは自分たちをExpatsと呼びます。外国人労働者という意味です。そして彼らは、好きでExpatになったわけではありません。自国の大手に入るチャンスがなかった、そもそも自国にいい会社が存在しない、ワイドボディに乗るチャンスがなかった、倒産したから仕方なかった等々、結構ネガティブな理由で海を渡らざるを得なかった人たちが多いのです。特に9.11で自分のキャリアが大きく変わってしまったと語る人は多く、そんな彼らはできれば自国に、もしくは自分の住みたい所に戻りたいと考えています。

日本人の私にとっては、日本語が使えない海外で仕事をするということは実に大きな挑戦であり人生において掛け替えのない経験になるだろうと信じています。しかし、西側諸国の言語を母国語とする人々は非常に英語が堪能ですから、海外に出ることは彼らにとってハードルが高いわけでもチャレンジングなわけでもなく、「やむを得ない出稼ぎ」以外の何者でもないわけです。

毎回のようにビックリされたりクレイジーボーイ扱いされたり悲しい視線で見つめられたりするとさすがになんだか自分の決断に自信がなくなることもありますが、日本のようにそれなりに雇用があって海外に出なくてもそれなりの生活ができる国で生まれるということは、ものすごくラッキーなことなんだなと思う今日この頃なわけです。

まぁ、それも今は昔の話なんでしょうけれども。

 

 

安西副操縦士のログブック | パイロット ブログ


2015-11-26 | Posted in ANZAI, 日記9 Comments » 

コメント9件

 ★空美★ | 2015.11.26 8:28

あっくん…クレイジーボーイやったんやぁ…(笑)( ´艸`)

うそうそ(笑)

それが例え恵まれた環境だったとしても、(本当に恵まれてるのかな?)
外資系の航空会社に行くには、それ以上の期待とメリットがなれけばチャレンジしないんじゃないのかな(*^-^*)

そう言えば、長年日本の大手航空会社に勤めてところを辞めて、海外でパイロットをされているお友達が言ってたなぁ…

『あんた…日本で何やっちゃったの?』

なんて、言われたって…(^-^;

日本の航空会社で居れなくなったから海外にきたと思われたんだとか…

なるほど…そう言う考え方もあるんだなぁと。

っていうか…なんでそんなネガティブ思考なんやろ?(笑)

私からしたら、優秀な存在だからこそ海外に行くイメージだったんだけど(笑)

国が違えば価値観も考え方も全く違うんだね(*^-^*)

それがいいのかもしれないね(^-^)

私はあっくんのようなチャレンジ精神大好きだよ!!

そう言う所、私も見習いたい(^-^*)

 安西 | 2015.11.26 16:25

空美様
チャンスがなかったから海外へ、というのはポジティブな理由ともとれますね。でもまぁほんとみんな色々です。エクスパットたちの人生は日本のパイロットのそれよりも少し複雑のように見えます。みんながみんなじゃないですけどね。

 ウムキ@翼の王様 | 2015.11.26 22:01

安西さんのような職場では(同じ機長と同席するのは何十年に一度)なかなかご理解いただけないかもしれません。

何百人という部下と仕事をしてきた管理職からすれば(えらそうに云うつもりはないのですが)人を育てるという事はとてつもないエネルギーと時間が必要なのです。

なので、で会って1~2年の部下に対してなかなか本気で教育を展開する
ことがないのです。

すくなくても3年以上、自分の会社に
勤めた人でないと本気で教育しようと
思わないのです。

 H.M | 2015.11.27 12:19

なぜか

とあるホームレスが実は
そうならざるを得なかったわけではなく、
もともとは超お金持ちの経営者であったのに
自らそういう生活をしている。

という話を思い出しました。
まぁ、あんまり関係ないんですけど

どこで働いてたの?
と聞かれて

『へぇ〜』
『ふぅ〜ん』

よりもビックリされる安西さんがわたしにはかっこ良く思えますよ❤︎

 安西 | 2015.11.27 17:36

ウムキ様
なるほど、そういうものなんですね。職場が違えば色々ですね。

H.M様
最初のうちはビックりされてドヤ顔してましたが最近自信なくなってきました。笑

 ボリジ | 2015.11.27 21:53

ハハハ~、日本のジョーシキは世界のヒジョーシキですよ。

まぁ、独身者と既婚者では相手の疑問も違うでしょうし、
国によって家族のあり方、特にカミサンの権限も(笑)
米国で女性が働きだした理由のひとつに、
男性が財布を握っているので、自分で自由になるおカネが欲しかったのだとか。

それと、海外の人は日本人はお金持ちばかりと思っています。
(それで、海外で狙われ易いんですが)

途上国へはもとより国連であろうが、ユネスコであろうが、
あれだけ寄付してくれる!
実態は、子や孫の代までの国債という借金なんですが(泣)

で、日本に憧れてデカセギに行って、驚くんですね。
家は小さいは、長期休暇は取れないは、物価は高いは…。
治安の良さや便利さで、残る人も居れば、
起業資金や住宅購入費が貯まったら、さっさと帰る人、
目的意識が希薄でデカセギ・リピーターと様々。

海外? そうですねぇ~「日本で出来ないことをする」
南の島の彼女の場合、
乳飲み子以下、3人を見てくれるダンナさんは?
女性の稼ぎだけで生活OK、
あの電気のないところの夜空なんて、いくらおカネを積んでも…
想像ですが、子供の手が離れたら、プチ・ホテルのオーナー?

 amiima | 2015.11.28 0:17

私は、安西様の判断力、決断力、実行力が素晴らしくかっこいいと思いましたよ!
日本の中ではエリート街道でパイロットになられて、パイロットとしてはとても恵まれた環境にいらっしゃったのに、全てを捨てて海外へ羽ばたかれて、、、。
すごくカッコイイ生き方じゃないですか!
外人からみたらクレイジーと思われるのかもしれませんが、日本人から見たら凄い!!と思いますよ〜(^。^)
海外で揉まれたら、人としても大きく成長できるので、5年後10年後の安西様はさらに逞しく、素敵になっていらっしゃると私は思います(⌒▽⌒)

 ボリジ | 2015.11.29 3:05

>大きな挑戦であり人生において掛け替えのない経験になる

例えば、先祖代々の牧場で牛を飼っている人と、
日本より大きい規模に憧れて、外地でイチから始めた人との違いみたいな…

何が違うのでしょうか?
それは「達成感」だと思います。
結果で見れば、先祖代々の方がお金持ちで大規模かもしれませんが、
「スゴイね!」と言われても「いや、親から受け継いだだけだから」
選んで実行出来るということも、達成感に繋がりますね (-_^)

 安西 | 2015.11.29 4:15

ポリジ様
そうですね、日本ですらいろんな人がいるわけですから、100カ国以上の国から人があつまる場所で色々な価値観に触れるのは当たり前のことですね。同じことをやっているのにある人にとっては「ただの出稼ぎ」ある人にとっては「掛けがえのない経験」、不思議なものです。

amiima様
5年後、10年後に間違っていなかったと思えるよう、頑張らないといけませんね^^

Comment





Comment